明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
  
投稿者 : mori 投稿日時: 2010-11-24 (1476 ヒット)

55kg級 岡田尚幸

矢郷勇樹 日本大学

2ー0○

田野倉翔太 日本体育大学

0ー2×



60kg級 浅田光紀

濱本豊 山梨学院大学

0ー2×



66kg級 鈴木諒

平川一貴 中央大学

不戦勝○

小田桐史明 神奈川大学

2ー0○

野間一輝 山梨学院大学

1ー2×



66kg級 森田史惟

山下拳史 国士舘大学

0ー2×



66kg級 笠岡涼太

松本和弥 中央大学

1ー2×



66kg級 吉川嵩吾

岡本遼 東洋大学

2ー0○

音泉秀幸 日本体育大学

1ー2×



96kg級 松本慎之介

川島雄史 青山学院大学

1ー0F○

田中哲矢 大東文化大学

0ー2×



120kg級 渡邊駿

原口卓也 山梨学院大学

0ー2×


投稿者 : mori 投稿日時: 2010-11-22 (1518 ヒット)

一試合目
対 法政大学
4ー3

55kg級 岡田尚幸
山田磨史宇
2ー0○

60kg級 奥村洋介
田口光成
2ー1○

66kg級 吉川嵩吾
赤地俊樹
1ー2×

74kg級 鈴木諒
倉野真之介 
0ー2×

84kg級 笠岡涼太
藤澤啓祐
2ー0○

96kg級 松本慎之介
岩田直弥
1ー2×

120kg級 渡邊駿
向井新太郎
2ー0○


二試合目
対 東京大学
7ー0

55kg級 岡田尚幸
中岡良
0ー0○F

60kg級 奥村洋介
戸谷知文
0ー0○F


66kg級 森田史惟
津島博紀
2ー0○

74kg級 鈴木諒
三森恭平
0ー0F○

84kg級 吉川嵩吾
佐藤祥一
0ー0○F

96kg級 松本慎之介
尾崎洋輔
0ー0F○

120kg級 渡邊駿
不戦勝○


三試合目
対 慶応義塾大学
7ー0

55kg級 岡田尚幸
小林岳人
0ー0○F

60kg級 奥村洋介
林季一郎
0ー0F○

66kg級 森田史惟
池田真人
1ー0F○


74kg級 鈴木諒
亀井啓
2ー0○

84kg級 笠岡
清水達之助
2ー1○

96kg級 松本慎之介
不戦勝○


120kg級 渡邊駿
不戦勝○

四試合目
対 立教大学
7ー0○

55kg級 岡田尚幸
吉田有輝
2ー0○

60kg級 奥村洋介
増田賢太郎
0ー0F○

66kg級 笠岡
能登亮平
0ー0F○

74kg級 鈴木諒
上田雅道
2ー0○

84kg級 吉川嵩吾
不戦勝○


96kg級 松本慎之介
不戦勝○


120kg級 渡邊駿
不戦勝○


五試合目
対 早稲田大学
0ー7

55kg級 岡田尚幸
西洸太 
0ー2×

60kg級 奥村洋介
柏木健太
1ー2×

66kg級 笠岡
田中幸太郎
1ー2×

74kg級 鈴木諒
花山昴希
0ー2×

84kg級 吉川嵩吾
北村公平
0ー2×

96kg級 松本慎之介
山口剛
0ー0F×

120kg級 渡邊駿
大坂昴 
0ー1F×

総合結果
2位

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-11-15 (1123 ヒット)

84kg 加藤大志朗
北宮光洋 桃山学院大学
2−1○
平澤拡 東洋大学
1ー0○F
山口剛 早稲田大学
0−1×F

敗者復活戦
天野雅之 中央大学
0−0×F

96kg 徳山利徳
森内翔馬 日本大学
2−0○
横井健人 中京学院大学
2−0○
小森大祐 拓殖大学
2−0○
武富隆
0−2×

敗者復活戦
福井祐士 天理大学
2−0○
3位入賞

120kg 佐藤洋輔
篠木博之 立命館大学
2−0○
大坂昴 早稲田大学
1−1×F

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-11-15 (1071 ヒット)

55kg 鈴木優大
西洸大 早稲田大学
0−2×

60kg 早見龍馬
豊田祐太 神奈川大学
0−2×

66kg 相澤龍
佐々木拓也 慶応義塾大学
2−0○
後藤圭吾 山梨学院大学
2−0○
黒崎辰馬 福岡大学
0−2×

74kg 塩崎剛
山名隆貴 日本体育大学
0ー2×


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-10-30 (918 ヒット)

千葉国体OB懇親会が10月2日(1)開催され、36名の08が集まり懇親を深めました
地元開催ということで八千代松陰高校卒のOBが事務局として運営に尽力してくれました

千葉国体のレスリング会揚の佐倉市民体育館には、フリースタイルの決勝戦ということもあり、
国体参加OBや国体見学のOBが顔を合わせ、夫々地光選手や明治OB選手の応援をしていました。

明治大学に入学予定の八千代松陰高校3年の白石諒選手(フリー84kg)が見事に優勝しました。
インターハイは2位と実力はある選手です。千葉県高校生の監督でもある八千代松陰高校の
八木先生(53年卒)も大喜びでした。

高校・一般の決勝戦終了後に懇親会会場であるホテルニューオータニ幕張に向かいましたが、
送迎バスの中でもOBの皆さんは昔話や経済政治と話題が尽きず賑やかでした。
千葉国体レスリング競技実行委員会箏務局で明大レスリング部OBの鈴木研悟氏(平成3年卒)
が運営を担当、懇親会運営はニューオータニ幕張に勤務の吉田拓也氏(平成5年卒)が担当してくれました。

懇親会は5時より、浜本幹事長の司会で会長挨拶で始まりました。大阪からは岡本邦彦先輩
(近大総監督特別会員)、秋田は長門先輩・宮原氏、宮城から阿久津代議員、群馬から小礒先輩・
藤川、新潟からは橋本代議員・斎藤先輩、岡山からは梶川副会長が参加され、
地元や東京・埼玉・神奈川から参加されたOBと、昔話や現状のレスリング界の話題で盛り上がっていました。

長門先輩の挨拶では宮原親子も脇を固め、今回は残念ながら5位に終わった宮原崇コーチが嘆に
練習をして頑張りますと再起を誓っていました。

優勝者を出した人木先生の挨拶では、教え子の谷ヶ崎氏(平成2年卒)、鈴木氏・吉田氏・
窪木氏(平成6年卒)も並び、八木先生は「これまでも優i秀な生徒を送っていました」と後ろの4名を紹介し
「今年は白石諒君が明治に行きますがこれからも優秀な生徒を明治に送ります」との話がありました。

渡辺副会長の〆の挨拶の後は恒例の校歌斉唱ですが、中出氏(昭和58年卒)のり一ダーのもと、
岡本平治先輩(昭和26年卒)や村石冨士夫先輩(昭和30年卒)と平成卒業の若手OBが肩を組んで
元気よく校歌を歌いました。
 

 

 

 

 


« 1 ... 66 67 68 (69) 70 »
本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.