明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
トップ  >  明大レスリング部のあゆみ  >  挑戦編  >  平成20年(2008年)卒 安西 信昌

 
 
明大レスリング部のあゆみ
 
挑戦編(2003年〜2013年)
 
 

最初から強い人なんかいない。

平成20年(2008年)卒  安西 信昌

 

 明治大学体育会レスリング部創部80周年おめでとうございます。80年という長い歴史を持つレスリング部で、多くに人に支えられ競技に打ち込めた事を今でも心から感謝しております。
明治大学を卒業して4年が経ちました。入寮当初は、練習、洗濯、掃除に追われ、あっという間に時間が過ぎていきました。仕事が多さは想像以上でした。同期5人で協力して作業をしていたのを覚えています。同期の4人とは喧嘩もありましたが本音で言いたい事を言い合える仲間です。今でも会えば昔となにも変わりません。彼らに出会えた事も私にとっては大きな財産です。
練習は毎日がむしゃらにやっていた記憶しかありません。練習にだけは真面目に取り組もうと決めていました。一年生の時、先輩が怪我の為、団体戦等、多くの大会に出る事が出来ました。今思えば、この時試合に出た事が強くなる上で重要でした。高校の実績もなく、対戦相手は先輩ばかりでした。失うものが何もない私は思いっきり相手にぶつかっていく事ができました。二年生になると勝ち星も増え、海外遠征も経験しました。4年生になると明治大学レスリング部の主将を務めさせてもらいました。
競技生活の中で感じたのは「最初から強い人なんかいない。高い目標を持ち、挑戦する事が大事。」という事です。負けても諦めずに、原因を探して改善して行く事の繰り返しです。諦めたら、成長は止まります。常に考える事を意識して取り組むことが大事です。
レスリング部ですが、明治大学の学生なので勉強もしなければなりません。勉強が苦手な私の為に森陽保先輩発案のもと、試験の度に大学院生の方にマンツーマンで勉強の指導をしていただきました。この指導がなければ、卒業出来ていなかったかもしれません。今でもこの指導は続いていてスポーツと勉強の両立を求められている学生の大きな力となっています。
私の見えないところで支えてくれる人がいたから大学ではレスリングに打ち込むことができました。競技をする環境を作ってくれた方々には本当に感謝しています。その方々に応える為にも全力で必死にやってきました。
私は卒業後、総合格闘技という形で競技を続けています。目指すは世界王者です。明治大学レスリング部出身の世界王者になります。勝つ為の武器はレスリングで鍛えたタックルです。応援してくれている方々へ恩返しするためにも人生を懸けて努力してく覚悟です。
これまで、競技生活を通して感謝することの大切さを特に痛感してきました。競技を続けられる事に感謝して取り組むことが重要です。そうすれば、やるべき事が自ずと見えてくる気がします。私自身まだ未熟者ですが、これからも感謝の気持ちを持って競技に取り組んでいきます。
先輩方に教えていただいた事を次の世代に伝えられるように勉強していきます。そして成長していきます。
明治大学レスリング部の歴史を作られてきた先輩方に感謝し、これからの新しい歴史を楽しみにしています。



平成19年度 最上級生

安西信昌 (96キロ級)
岡本一紀 (74キロ級)
梶田晋平 (60キロ級)
滝口翔平 (55キロ級)
仲村勇太 (84キロ級)

 

仲村勇太 梶田晋平 岡本一紀
滝口翔平 安西信昌
勉強会
 

 

 → 平成19年度のPHOTOアルバムを見る 

前
平成19年(2007年)卒 安田 啓介
カテゴリートップ
挑戦編
次
平成21年(2009年)卒 青木太志

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.