明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
トップ  >  明大レスリング部のあゆみ  >  挑戦編  >  平成21年(2009年)卒 青木太志

 
 
明大レスリング部のあゆみ
 
挑戦編(2003年〜2013年)
 
 

明治大学レスリング部という私の財産

平成21年(2009年)卒  青木 太志

 

 明治大学体育会レスリング部創部80周年おめでとうございます。
私が大学を卒業して、2年と半年が過ぎますが、社会人になって思うことは、非常に恵まれた大学四年間であった『感謝』の一言です。
今は名古屋で仕事をしておりますので、東京に行く機会があると、レスリング部同期や一年先輩方と会うと、学生の頃を変わらずレスリングので話で盛りあがってしまいます。練習が辛い時もあれば、悔しい試合を何度も味わったこともあります。
しかし、結果として四年間を乗り越えた時、他の学生には経験することのできない絆や思い出・宝物となりました。ましてや、私の高校時代の実力では、スポーツ・勉学ともに明治大学に入ることはできませんでした。にも関わらず、四年生の時には主将まで務めさせて頂き、心から感謝致します。
人との繋がりによって、人から教えられ、人から育てられてきたことを肌で学びました。
同期の宮原君、小田君、藤田君、そして主務でお世話になった藤井君とは何度も互いのレスリングの思いや将来について熱く語り合ったことが思い出されます。
レスリングの成績でいうと宮原君がインカレを優勝し、小生も大学選手権で2位入賞など、
明治大学へスポーツによって貢献できたかと思います。
今度は我々の世代が明治大学レスリング部で経験・教えて頂いたことを活かし、次の世代の道標となるよう社会に貢献して参りたいと思います。
最後に未熟な大学生に細かなところまでご指導して下さった田部井元監督、多賀総監督、岩山監督、本当に有り難うございました。
また、四年間の全てを一緒に経験してきた同期の皆様、先輩方これからも宜しくお願い致します。


平成20年度 最上級生

青木太志 (84キロ級)
宮原崇  (74キロ級)
小田和彦 (84キロ級)
藤井慎吾 (96キロ級)
藤田諒次 (84キロ級)

 

小田和彦 青木太志 藤田諒次
宮原崇 藤井慎吾  
 
   

 

 → 平成20年度のPHOTOアルバムを見る 

 

前
平成20年(2008年)卒 安西 信昌
カテゴリートップ
挑戦編
次
平成22年(2010年)卒 渡邊 文博

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.