明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
トップ  >  明大レスリング部のあゆみ  >  挑戦編  >  平成23年(2011年)卒 加藤 大志朗

 
 
明大レスリング部のあゆみ
 
挑戦編(2003年〜2013年)
 
 

一所懸命全力疾走の4年間

平成23年(2011年)卒  加藤 大志朗

 

 明治大学体育会レスリング部創部80年おめでとうございます。 このような伝統のある部の主務・主将をやらせていただき、このような後世に残る部史に掲載して頂けることを光栄に思います。
さて、私の大学生活はというと、1年生のときは人数の多かった先輩方に対し私たち1年生は3人。今まで洗濯や掃除、料理などをほとんどやってこなかった自分たちにとってかなり大変でありました。洗濯や掃除で先輩によく怒られていましたが私は危機回避能力が同期の佐藤や塩崎よりも優れていていつも2人に代わりに怒られてもらっていました。
3年生になると先輩が2人しかいなかったので主務に抜擢されました。ただ、選手をしながら主務をやることは非常に大変で森先輩に本当に助けてもらったのを覚えております。
4年生では主将に抜擢され明治大学体育会レスリング部という看板がいかに重いということを実感しました。その大きなプレッシャーに潰されそうになっているのを同期の2人によく助けてもらいました。団体戦でも頼りになる2人によく助けてもらいました。後輩には厳しくあたったりしたこともあり本当によくついてきて来てくれたと感動しております。
また、リーグ戦での結果に満足いかず、酒を飲みながら皆で涙したことを今でも鮮明に覚えております。同じ目標を持って、それに向かって一所懸命に日々の練習を一緒にしてきた仲間を本当に誇りに思っております。
そして私をご指導頂いた諸先輩方、こんな私についてきてくれた後輩達に出会えた事、さらに同じ時間を過ごせた事を私の人生の最大の誇りとしてこれからの人生を送っていきたいと思う。
最後になりますが最近になり、多賀総監督を始め、岩山監督、田部井先輩、森先輩や諸先輩の頑張りがありまして部員も人数が増え、私どもが入学当時に押し付けられ、気づけば自分たちの目標になっていた「古豪復活」も達成できるのではないかと思っております。 「我等明治大学体育会レスリング部永遠不滅成」

部員紹介

・佐藤 洋輔  96kg
周りをよく見ている。「自分」というものをしっかり持っている。頼れる存在。 動作が少し鈍い。なぜか多賀総監督、先輩を怒らすのが得意。酒が強い。 口癖「〜んだ」「け」(山形弁)

・塩崎 剛 66kg
試合に強い。見た目によらず頑固。基本ボーっとしている。 なにを考えているのかよく分からない時が多い。酒が弱い。(すぐに寝る) 口癖「別になんでもいい〜」「〜でやんす」

・加藤 大志朗 74kg
私である。 よく怒る。試合に弱い。アクティブ。エセ関西人。 座右の銘「踏まれても踏まれても尚這い上がる麦のごとくあれ」 口癖「ええかげんにせぇ」「あほか」。


平成22年度 最上級生

加藤 大志朗(74キロ級)
佐藤 洋輔 (84キロ級)
塩崎 剛 (66キロ級)

 

加藤大志朗 加藤大志朗
佐藤洋輔 塩崎剛 塩崎剛
佐藤洋輔
 

 

→ 平成22年度のPHOTOアルバムを見る  

前
平成22年(2010年)卒 渡邊 文博
カテゴリートップ
挑戦編
次
平成24年(2012年)卒  徳山 利範

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.