明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
トップ  >  明大レスリング部のあゆみ  >  黎明編  >  大島合宿(東京都大島町)
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
大島合宿(東京都大島町)
 
 
昭和12年から戦前の我が部の歩みと同調するように、大島合宿があった。新大には明大レスリング部入部の洗礼であった。
合宿所は大島元町「柳川館」であり、道場は元町小学校であった。コーチは藤田保治(柔道8段・大正15年卒)である。氏は卒業後、米国無銭旅行を計画し、プロレスに参加し、“ヨーヨの島”として活躍した事もある。帰国後、柳川館(観光ホテル)を経営し、東海汽船の重役でもあった。
明大柔道部時代の話である。講道館の稽古で三船久蔵(十段・名人)をハメ板に叩きつけるので「三船の野郎は俺の姿を見るとコソコソと隠れたよ‥‥」と豪傑笑いをする。昭和16年を最後に大島合宿は中止となったが、わが部の大恩人であった。大島合宿で鍛えられ、打倒早稲田に燃える学生リーグ戦は、我々の生き甲斐であった。
※大島紀夫 (昭和38年卒)は藤田の甥である。
伊東合宿(昭和11年8月)
後列左から有馬(マネージャー)、金(ジョンソク)、
千野、堀田、金(玉圭)、小川、
前列左から清水、山村(主将)、倉恒、松野内
大島合宿(昭和12年9月15日)
後列左から根本、金(ジョンソク)、小川、堀田、
亀井、向山、朱(鳳徳)、
前列左から倉恒(主将)、一人おいて
藤田先輩、吉岡、栗原
※写真にある“2597,9,15,”は、紀元2597年9月15日の意。

大島合宿(昭和14年8月)
後列左から朴、村田、金(石)、園田、
久我、黄、栗原、小室、池田、佐藤、鷲見、
前列左から金(ジョンソク)、種谷、
根本(マネージャー)、藤田先輩、
清水(主将)、亀井
前
日本アマチュア・レスリング協会 関西支部発足
カテゴリートップ
黎明編
次
道 場

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.