明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和21年 迷える子羊には渡りに舟の明大受験
 
我が学生レスリングの思い出

昭和28年卒
田口美智留
1、レスリングとの出合い

私が過ごした戦時中の中学校では、体育というような洒落た授業はなかった。帝国陸軍より派遣されたややロートルの配属将校にしごかれながら、教練と三八歩兵銃を模した木銃での「構え」「突き」「直れ」の銃剣術の練習に明け暮れる毎回だった。ただし柔道と剣道は、小学校の頃より今で言うところの必修科目であったから週に何時間か必ずあり、盛んに奨励されていたこともあって対校戦の華だったことを覚えている。

こうした環境でいざ大学入試を迎えたわけだが、私は母の心配をよそに唯ウロウロするのみ。学徒動員によって勉強のチャンスに恵まれなかったばかりか、むしろこれを悪い方のチャンスとばかりに勉学を放棄し、ただ本能のままに鬼畜米英と空拳を振り回していた自分が悪いのである。その内、母がいずれかのつてで「明治の“運動部のキャプテン”で町田さんという人を紹介してもらったから、明治を受験しろ」と言ってきた。迷える子羊としては渡りに舟。この“キャプテン”が何のキャプテンかも知らずにお逢いしたら、小柄ながらもがっちりとした体で、風貌はややヒゲは濃いものの目は優しい感じ。そして、レスリング部のキャプテンとのこと。ははぁー。レスリングと言われてもピンとはこない。なんせ昭和22年のことだ。

ここで、当時の大学の制度を簡単こ説明しておく。
予科3年、学部3年の6年間が普通で、予科とは大学生としての基礎学力を全般的に更に高める為の教養課程であり、予科を終了してから改めてそれぞれの学部を選んで受験することになる。無論、このとき他大学を受験する事も、本人の学力に応じて自由であった。一方、大学には専門部という部門があり、これはいきなり自分で選んだ専門の学業を3年間で修得するという、いわば専門学校的存在であった。確か、かの社会党から総理大臣になった村山総理も、明治大学専門部政治経済学科を卒業の先輩である。

前置きが長すぎたが、そろそろレスリング部入部当時の話に進むとしよう。今はなき駿河台の本校地下に、我が懐かしのレスリング道場と部室があった。確かその上は52、55講堂という広い階段教室になっていたと思う。地下といっても天井は高く、ぐるりと巡らした大きな柵の内側は一段高い板張りになっており、ここが道場だ。ほぼ円形をしていて、8mのマットを敷いても尚四隅に充分なスペースがあり、この魔の道場の約半周にわたる部分に、2階建ての各クラブの部室があった。

我がレスリング部の部室はその1階の一番左端にあり、トイレを挟んで左にボクシング部、右に空手部があった。運動部だけでなく、2階の一部にはマンドリンクラブの部室もあり、時折古賀メロディが聞こえて来る事もあった。地下室の部室といっても、駿河台はお茶の水駅よりダラダラと坂を下ってくるので、記念館面左側の正門より入ると確かにこの道場は地下となるが、建物自体が坂の途中にあるため部室の窓から表を見ることもできた。そこにはさほど広くないダラダラ道があり、向かいには戦前から多くの先輩達も御世話になった越後屋質店や、その先にある増淵薬局等が望めた。部室に入って右側に遠山コーチの写真、その下には小田パンツ店寄贈の大鏡が置かれ、左側の壁には部長・佐々木吉郎、顧問・小島憲、竹内久隆等、お歴々の名札かズラリと並んでいるといった次第であった。
(次ページに続く) 
昭和21年(1946)
  出来事
  ○ 天皇人間宣言
  ○ 婦人参政権
  ○ 日本国憲法公布
  ○ のど自慢素人音楽会始まる。
  ○ 戦後初のプロ野球リーグ戦始まる。
  流行語
  ○ 「あ、そう」
  ○ 赤線
  映画
  ○ カサブランカ
  流行歌
  ○ 東京の花売り娘

明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
3月
戦後初のレスリング競技として早大対立大戦が開催。
結果は3-3の引き分け。
9月
東日本学生リーグ戦(秋)1部
(旧関東学生を含む)
優勝=早大
明大=3位
11月
近畿地方を襲った台風騒ぎの中、戦後初の国民体育大会レスリング競技東西対抗戦が西宮体育館で開催。
東軍が10-1で西軍を破る。
全日本選手権大会が国技館で開催。
カテゴリートップ
復興編
次
昭和22年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.