明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和26年 各大学の中でも最高水準にあった明大の準備運動

     
準備運動イコール筋肉運動

昭和27年卒
長谷 清
 
 
私には、学生時代のレスリング選手としての生活経験が、社会生活に大きな影響をもたらした事は事実である。

当時の準備運動は、勝者を育成するため、踏まれれば踏まれる程、強くなる逞しさを要求された。スポーツを志す者には、それぞれの目標と男の夢とロマンがあり、その目標を目指すには、相応のハードトレーニングが必要となる。その結果、ピンチをチャンスに、不可能を可能に変え得る根性と信念が育成される。

その若き日を振り返ると、地下の道場の冬は熱気をもち、夏は緊張と興奮の戦いの場。一歩入った途端、冷気を感じた。明大の準備運動は各大学の中でも最高の水準にあり、その厳しさも別格で、中でも机を利用しての腹筋、マットの上での横っ飛び等が記憶に残る。今、日本アマレス界は、あまりにも基礎体力が低下しているように見受けられる。世の中、基本がすべてとも言われるが、当り前な事、簡単な事が一番むずかしい。人間は修羅場をくぐって大きくなる。

私も今年で75歳。自宅で行う1時間のダンベル15kg〜20kgによる筋肉運動は、もう50数年になる。健康に留意したお陰で20年間、病に臥せった事がない。リーダーとは、その当人か行わない限り、絶対にでき得ないことを成しとげる人物とある。
以上。


〈昭和26年度最上級生部員〉
長谷清(バンタム級)
矢田正禾(ウェルター級)
昭和26年(1951)
  出来事
  ○ 対日講和条約調印
  ○ 日米安全保障条約調印
  ○ プロ野球巨人日本シリーズ初優勝
  ○ 初のプロレス試合、力道山登場
  ○ トヨタ自動車乗用車生産開始
価格は110万円
  流行語
  ○ 社用族
  映画
  ○ 黄色いリボン
  流行歌
  ○ 越後獅子の歌


明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
2月
ヘルシンキオリンピック対策として欧米に選手団を派遣するとともに戦後初のアメリカ遠征を実施。
3月
第1回アジア大会がインドのニューデリーで開催
4月
世界初のフリースタイル世界選手権大会がヘルシンキで開催。
12ヶ国から64選手が参加
5月
東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=中大
今年度より東日本リーグ戦は春のみとし、新たに総当りによる全日本王座決定戦が設立。
明大=3位
6月
全日本選手権大会
(青山レスリング会館)
ライト級  霜鳥武雄  優勝
8月
全日本学生選手権大会
(青山レスリング会館)
フェザー級 富永利三郎 優勝
10月
王座決定戦
優勝=中大
明大=2位
12月
第2回アメリカ遠征
監督として伊集院浩、選手としてフェザー級の霜鳥武雄が参加。

 

前
昭和25年
カテゴリートップ
復興編
次
昭和27年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.