明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和29年 強く、そしてやさしい真似のできない人格者 
 
小倉国男先輩との出逢い

昭和30年卒
藤木善次
 
 
 記念史発行おめでとうございます。
部史発行に際し、浜本実行委員長より依頼を受け、浅学非才の私が諸先輩方を差し置いての寄稿、申し訳ございませんがお許しください。
私と小倉国男先輩との出逢いは、若き高校2年の5月頃。明治大学卒業、岐阜県庁勤務、全日本ミドル級チャンピオンという肩書きをもった、肩からいきなり顔のある首のない「ついたて」のような大男、これが小倉先輩であったように思えます。堀口先輩とお揃いで道場に来られたのが最初でした。

その頃のレスリング道場は、柔道の畳の上に帆布地を貼っての練習で擦り傷が絶えず、皆いつもどこかに傷を作っていました。そのキャンバス地の血染まったマットの上で、勤務を終えた小倉先輩が練習をつけるのですが、「力」の加減もなく畳に叩きつけられる毎日でした。

時効なので書いてみますが、ある時先輩の下の「シンボル」に包帯がしてありました。強い練習による毛切れだったのだろうと考えていましたが、その真偽のほどを、改めてご本人に聞いてみたい思いがします。

高校を終えて自分も明大に進み、4年間がアッと言う間に過ぎました。帰省時には昔ながらに先輩と一緒に練習したり一杯飲んだ事もありましたが、社会人として国体に優勝するほど強い人であり、それでいてやさ しさもあるという、我々には真似のできない人格者でした。

岐阜合宿も堀口先輩、林先輩、また協会の方々にお骨折りいただいて無事に終えることができ、観光面でも「鵜飼見物」「電気風呂」「二重うな丼」等々、数々の楽しい思い出があります。

昨年7月、中津川の小倉宅を訪問して泊まり、いろいろな話ができました。ライバルであった「中大」池田さんの死去、その他新聞の切り抜きを見ながらの思い出話で、夜半まで友人のように語らいました。初めての出逢いから47年になりますが、これからも末永く60年、70年と語らいの時間がもてるように希望しております。

最後に、今後とも皆々様の健康とレスリング部の益々の発展を祈念して、失礼いたします。

〈昭和29年度最上級生部員〉
楓尚代史(フライ級)
藤島敏夫(フライ級)
峯村 厳(バンタム級)
永瀬 信(フェザー級)
小倉国男(ミドル級)
昭和29年(1954)
  出来事
  ○ 力道山ブームに
  ○ 西独再軍備
  ○ 第5福竜丸事件
  ○ 防衛庁・自衛隊がともに発足
  ○ 洞爺丸遭難、死者・行方不明者276人
  流行語
  ○ 死の灰
  映画
  ○ 七人の侍、ローマの休日
  流行歌
  ○ 高原列車は行く


明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
5月
東日本学生リーグ戦 1部
優勝=明大
  第2回アジア大会がフィリピンのマニラで開催。
日本が全階級を制覇。
バンタム級 飯塚 実 優勝
フェザー級 笠原 茂 優勝
ライト級  霜鳥武雄 優勝
  日本初のフリースタイル世界選手権大会が東京体育館で開催。
フェザー級の笹原正三(中大)が金メダルを獲得。
(ソ連3個、トルコ2個、イラン2個、日本1個 )
コーチで清水礼吉、選手でライト・ヘビー級の伊藤信夫が参加。
9月
全日本学生選手権大会
(青山レスリング会館)
フライ級    楓尚代史  優勝
バンタム級   飯塚 実  優勝
ライト級    笠原 茂  優勝
10月
王座決定戦
優勝=明大
11月
全日本選手権大会
(青山レスリング会館)
(東京体育館)
バンタム級   飯塚 実  優勝
ライトヘビー級 伊藤信夫  優勝

昭和29年(1954)
中津川で高校体育館の竣工式に模範試合を行う
 
昭和29年(1954) リーグ戦優勝メンバー
上右から木村、小倉、渡辺、黒田
下右から味方、笠原、飯塚、諸戸、楓

 

前
昭和28年
カテゴリートップ
隆盛編
次
昭和30年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.