明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
トップ  >  明大レスリング部のあゆみ  >  隆盛編  >  特別インタビュー 飯塚 實 「幻の金メダル」
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
飯塚 實(昭和31年卒)が語る
幻の金メダル
 
まず最初に、レスリングを始められた動機から伺います。
私は昭和20年に旧制の新潟中学校に入学しました。その年の8月に終戦になり、日本はアメリカ軍の占領下におかれました。学校教育からは武道が禁止されてしまい、それまで必須科目であった柔道・剣道などは勿論追放です。そこで私は不得手な泳ぎを覚えようと水泳部に入りました。相当に厳しい練習が続けられました。
高校2年の春です。風間栄一さん(早大OB、平成13年5月8日ご逝去)が帰郷され、地元新潟市の高校レスリングの普及と指導に当たられるようになり、新潟高校にレスリング部が誕生しました。私も級友に誘われるまま陸に上がったカッパよろしく、レスラー人生をスター卜させたのです。
飯塚 實氏
 
昭和34年 イラン遠征
高校時代から国体などで活躍されたそうですが、明治大学を選ぱれた理由は?
私はその年の秋に国体選手に選ばれまして、青山のレスリング会館で試合をしました。当時の国体はまだ「高校の部」はなくて、各県単位の団体戦で、高校生と大学生の混成チームでした。翌年の名古屋国体から高校・一般と別れて個人戦で戦うようになったのです。私はレスリングを始めたばかりで県代表の選手となり、合宿・合同練習等で本物のレスリングを風間栄一さんを始め諸先輩の方々から直接教えを受ける機会に恵まれました。これが私にとってかけがえのない幸運であったように思っています。
大学受験を目前に控えた高校3年の夏に、早稲田が新潟商業に、慶応が新潟高校に同時に合宿にやって来ました。それで同僚たちの進学は早大と慶応に別れました。ところが早稲田の希望者が何故か圧倒的に多く、慶応は少ないのです。結局私1人が慶応を受験することになりましたが、見事に失敗してしまいました。因みに早稲田へは5〜6人進学しました。我が身の不甲斐なさに身の細る思いをしました。しばらく慶応の合宿所にご厄介になり、その年のヘルシンキオリンピックの最終予選はフライ級でいい所まで行きましたが、慶応の北野さん(ヘルシンキ・銀メダリスト)を超えることは出来ませんでした。
失意のドン底にいた私を救ってくださったのが明治大学でした。諸先輩のお骨析りで1年遅れて明治大学に入学させていただきました。この経験が私のレスリングに対する精神的なバネとしてその後を支えてくれたものと思います。1日も早く強いレスラーになって、晴れて故郷の土を踏めるようになろうと固く固く決心したのです。
 
当時の明治のレスリング部はどんなところでしたか?
私は早々に生田の合宿所に入りました。日常の練習は校の地下道場で部員数は30人位だったと記憶しています。合宿所では3〜5人単位で各部屋に別れて生活することになりましたが、厳しい規律の中にもユーモアに溢れ、辛さと楽しさが同居しているようでした。関西方面の出身者が多く、日常用語は大阪弁が主流でした。毎朝の「おきよ〜」という悪魔のような起床の声は、今も耳の底にへぱりついています。その後2〜3年も経ってからようやく新潟から続々と後輩が人ってきて、「ソーラネッカ!」「ソーラテバ」と新潟弁が大阪弁を駆逐して天下を取ってしまいました。
 
当時の明治の練習で特徴はありましたか?
日常の道場の雰囲気は水谷先生の下に統率のとれた練振りで気のゆるみを許さない真剣さが漂っていました。「踏み込んでこそ、浮かぶ瀬あり」と教えてくださった先生の言葉を懐かしく思い出します。しかし、当時の私は強圧的な命令だとか、先輩・後輩の関係だとかに少なからず抵抗を感じていましたので、私がキャプテンになった時一つの試みをしました。合宿所の・朝練で“明日から「起床」をかけないで、定刻になったら各自自主的に門前に集合し私の後について来るように”と。当時の強い明治のレスリングの集団は、人に,言われなくとも自分から進んでやる集団だと私は思い込んでいたのですが、これは駄目でしたね。見事失敗です。3日も経たないうちに後ろには殆ど人がいなくなってしまった。そんなことがあって、春のリーグ戦は不本意な結果となりました。そこで、その日を機してヘ夕な改革は即廃止し、元に戻すことにしました。しかしこの経験を経ることによって明治の団結の力は以前にも増して強くなったように思いました。
そして、勿論その年の秋には再び強い明治が復活しました。個人戦の中大に対して、団体戦の明治といわれた時代があったようですが、やはり伝統の力を感じますね。
 
学生時代の想い出をお聞きしたいのですが?
何かこう軟派な話に水を向けられたようですね。でもその話には乗りませんよ。私はもともと一般の学生と同じように青春を謳歌しながらも、更に強いレスラーになるために、人一倍の練習をやるんだと、当時はやや舞い上がっていた部分があったようです。大学2年だと思うのですが、春のリーグ戦で中大の戦績のない選手に得意としていた「トルコ刈り」をかけた時のことです。ところが、この時はかけてもかけてもかからない。遂にその都度点をとられてしまい、ポイントゲッターの役目を果たすことが出来なかったのです。これで大反省しまして夏合宿(四国・池田)ではコーチで参加された霜鳥先輩を始め諸先輩方に毎日始めから終わりまでぷっ通しでぶつかっていきました。(ちょっとオーバーかな?)そして、その年の全日本と全日本学生のタイトルを奪うことが出来たのです。
翌年のマニラで開催されたアジア大会では、初めて日本代表として海外遠征に参加し、その後のイラン遠征でパーレピ国王に拝謁したり、トルコのイスタンプールで夜道に迷ったり、旧ソ連遠征では途中のパリで1週間も飛行機待ちをしたりで、わが学生時代というか、いわゆる青春時代を体一杯で満喫することができたのです。
 
メルボルンオリンピックは大学を卒業された年でしたね。
ハイ。この年私は昭和鉱業蠅貌社しました。社長は厳しくもまた優しい方でした。「飯塚君は運動選手として採用したのではない。他の新入社員と分け隔てなく取り扱います」と言い渡されました。入社早々から毎日マンツーマンで東大、一橋出の先輩社員から、いわゆる読み書きソロバンの特訓を受けたのです。クタクタになったところで、会社か引けると勇躍本校の地下道場に馳せ参ずるわけです。練習の終わった頃に現れる不届き者を、後輩諸君はどう受け止めていたのでしょう。「いや、どうも申し訳ありませんでした」そして、その年の秋にはいよいよオリンピックがやってきたのです。
イラン パーレビ国王拝謁
 
オリンピックの活躍ぶりを聞かせてください。
昭和31年のメルボルンオリンピックでは、開会式の1週間位前に第1陣として入りました。故郷の小学生や母校の先輩・後輩の皆さんが打ち振ってくださった日の丸の旗の波は、今もこの脳裏に深く焼きついています。体調も気力も充実していました。金メダルの期待も強く意識しておりました。
ところが、試合まであと2日というところで、スパーリングの最中に左足首がマットとマットのスキ間に挟まってしまったのです。「ボキッ!」という音と共に捻挫してしまいました。救急車で病院に運ばれ治療を受けました。足首は普段の3倍位に膨れ上がり、自力で歩くことが出来ません。出場するにはまず減量が当面の難関でした。這うようにして宿舎に帰り、個室のバスルームにお湯を張り、冷やした足首だけをもたげて、ジッと湯船に入り汗を出しながら耐え忍びました。こうして4〜5キロの減量をクリアして試合当日を迎えました。組合せは1回戦がトルコのダギスタンリーです。試合場へは日本選手団に帯同した2人のドクターに両脇を抱えられて入りました。試合時間を見計らって麻酔を打ち、踝からスネにかけてびっしりと添え木をし、足首を固定してマットに上がりました。
1回戦は実質優勝戦でした。結果は2対1の判定で敗れました。私のグランドでの「後ろ返し」を認めた審判は私を勝ちとしましたが、反対側にいた2人の審判は認めませんでした。
2回戦はヨーロッパチャンピオンのヤスカリに判定で勝ちましたが、バッドマークの残点は1点を残すのみとなりました。あとはフォールで勝たなければ失格です。
 
昭和33年東京でのアジア大会
 
3回戦は難なくフォール勝ちをおさめ4回戦に進みました。相手は反対側のヤマからにがってきた韓国の選手で4点もっていました。勝負はフォールするかしないかで決まる戦いでした。試合は大差をつけて進みましたが、相手の懸命なプリッジが続き、遂に私の判定勝で終わりました。決勝リーグヘあと一つで終わったこの大会は、「幻の金メダル」といわれながら口惜しい思いをしましたが、反面全カを尽くし切って闘った自分にそっと「よくやった!」と誉めてやっていました。譬えようのない淋しい口惜しさと、密かな満足感を交りに味わった大会でした。
それから2年後の東京でのアジア大会ではりベンジを果し、思い残すことなく現役を引退し、故郷に帰ることにいたしました。
 
明大、そして日本のレスリンクは復活するのか?
2001年秋に全韓国と全日本の高校生チームの対抗試合を新潟で開催しました。この試合では日本選手が圧倒的な強さで韓国チームに勝利する姿を見まして、何十年ぶりに胸の透く思いを味わったのですが、その時感じたことは、この選手たちはこれから大学に進んで4年間をどのように過ごすのだろうか、大学レスリングの在り方をメンタル・テクニック・フィジカルの3面から再検討する必要はないのかと考えさせられました。具体的なことは申し上げませんが、レスリングはあくまでも個人戦が基本です。各大学別にそれぞれ個性的な指導方式を取り入れ、挑戦してもらいたいと思います。日本の高校生の中には優れた素材が潜在しています。「団体戦の明治」から「個人戦の明治」に脱皮することを期待しています。まずは1人の英雄(スター)を育てることから始めようということです。

最近の心境は?
新潟に帰って40数年、諸先輩や同僚・後輩の皆さんに支えられ、恵まれた環境の中で会社生活とレスリングの2足のワラジを履いて歩むことか出来ました。来年は古希の年を迎えます。昨年は風間栄一さんを失って大きなショックを受けましたが、今回45回と続いております「風間杯争奪・全国高等学校選抜レスリング大会」の新潟開催を続けてゆくことと、その後継者を育てることを当面の課題としております。人生に悔い無しとまでは言いませんが、少なくとも「我が青春に悔い無し」と言い切れます。レスリングの主役は子供達です。余生は子供達のために全力を尽くしたいと改めて思うこの頃です。(2002.8.21.)

 

前
昭和30年
カテゴリートップ
隆盛編
次
昭和31年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.