明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和34年 朝日を背に立つ八海山を見た時にこみ上げた口惜しさ
 

劣等部員強化介宿の記

昭和35年卒
渡辺四朗(旧姓外川)

 
 
 私は1956年(昭和31年)2月18日に、川崎市生田の合宿所に入るため、新潟県立長岡高校同期の山口哲平君と二人で上京しました。上野駅では高水春雄、斎藤博文両先輩が迎えて下さいました。途中、「腹は空いてないか」と言われ、新宿西口のバラック街の鶴亀食堂で天丼をご馳走になり、10時頃合宿へ着いた夜の事は忘れられません。合宿所は暗がりでよくわからなかったのですが、春の強化合宿中で寝静まっていました。当時伴淳三郎の映画「二等兵物語」の兵舎そのままの建物でした。ここで学生生活が始まるのかと思いますと、かなり失望したような記憶もあります。

その夜は斎藤先輩の布団に、山口君と背中合わせに休ませてもらいました。あの夜は緊張していた事もありますが、窓から差し込む月の光でなかなか眠れませんでした。そんな中、夜中に奥の方の布団をパッとはねのけ、窓を開けたかと思うと、敷居に立ち上がり、庭に向って放尿し、また布団にもぐり込んだ先輩の姿が今でも瞳に焼きついています。「大変な所へ来てしまったなぁ」とまんじりともしないうちに、「起床!起床!」と大声で号令がかかります。何か何だかわからずぼんやりとしていると 「君らは今はいいよ」と言われ、ホッとしたものでした。

私はレスリングの経験など全くなく、霧鳥先輩に憧れて甘い夢を見て入ったものですから、2月の朝6時半の寒い中、「起床」の声と共に起き出して行く先輩たちの体格を見た時、「これは駄目だ」と正直思いました。朝食は麦飯、その後、まだ入学の決まっていない新人ばかりの部屋に移れと言われ、その部屋に入るとまたびっくり。私と同年の新人たちの耳が、すでにクシャクシャに崩れているではありませんか。ここでもまたガッカリさせられました。

新人の教育係は笠原茂先輩でした。初めて経験する合宿所生活を少しでもリラックスさせようと、当時流行していた春日八郎の「別れの一本杉」をみんなに覚えさせ、新人たちの不安やさびしさ、緊張を少しでも紛らわそうと気を遣って下さっていた事も、あの頃の思い出です。

さて、もうひとつ新人の事について忘れられない事があります。それは北海道出身のS君の事です。クラスは重量級、体躯は金太郎の再来、全てが分厚く弾丸のような体の持ち主でした。聞くと前年の入学をしくじり、1年間親には入学した事にして、合宿所で浪人をして今年で2年目との事。当時わが校でも時代の趨勢で、高校の有名選手でも入学か難しくなって来ていました。いろいろな学部を受けても合格できず、5月のゴールデンウィークの頃、練習帰りに新宿で乗りかえる時、「四朗、たまには飲もう」と、いつも快活なS君が、いつになく湿った声で誘うのです。私は子供で酒の味などわからなかったのでありますが、断りもせずついて行きました。飲み出してしばらくした時、S君が「俺、故郷へ帰る事にしたよ」と寂しそうに言います。私は慰める言葉も思いつかず、息苦しいような思いで黙り込んでS君の横顔を見つめていました。今思えばあんなに深刻だったあの日の事が、青春のほろ苦いなつかしさとなって思い出されます。

春の合宿が終わり、お茶の水本校道場で練習が始まると、20人以上いた新人は12人に減っていました。しかし、その事を先輩たちは誰一人口にしませんでした。私もS君が北海道に帰ってから、レスリング漬けの毎日が疎しくなって、山口君に「長岡へ帰って、来年また別の大学を受け直すよ」と、何度弱音を吐いた事か。その度に馬鹿にされたり、叱られたりの状態でした。

一度などは本当に退部しようと決心し、上野発23時50分(今でも覚えています)最終の夜行列車に乗り、長岡へ向かったのでありますが、朝の6時頃通過する六日町で、朝日を背負って立つ八海山を見た時、私の弱音を嘆く母の顔や、兄たちに馬鹿にされる口惜しさがこみ上げて来て、長岡の手前の小出駅で下車し、合宿所に舞い戻った事もありました。

1年生8月の合宿は、神戸市にある布引きの滝近くの「布引山荘」でした。古寺の座禅堂だったような建物で土間はコンクリート、場所は現在の新幹線新神戸駅のすぐ裏200メートルくらい上かと思います。到着して全員が集まったその夜の事は忘れられません。夕食の準備も設備も何もないのです。7時頃になると、OBが手配してくれたとおぼしき乗用車が何台も来ました。それに乗り込むと旧国鉄神戸駅近くの「穴門亭」なる食堂に連れて行かれ、かつ丼を喰ってその夜は終わりでした。私ら1年生は何も考えず呑気なものでしたが、主将の渡辺和義先輩やマネージャーの国井先輩など、どんなに走り回って準備不足を補われたのかと思うと、笑い話ですまされないほどのご苦労があったろうと思います。

練習の厳しさはいつもの通りで、改めて記するまでもありません。夜はコンクリートの土間の上に古畳みを敷き、その上にビニールシートを敷いた道場の上で眠るのです。疲れですぐに眠り込むのですが、蚊にだ けは泣かされました。大阪からも先輩が入れ替わり立ち替わり毎日来られ、竹中先輩は1、2年の半分を引き連れて神戸の町ヘロードワークです。帰りの山登りのきつさ、坂道でのダッシュの繰り返し、竹中先輩は 先頭で走っておられました。道場へたどり着くとスパーリングが始まるのですが、本当に地獄でした。当時メルボルンオリンピックのナショナルチームの強化合宿中で、飯塚實、笠原茂両先輩はじめ強化選手が欠け ていただけまだよかったのかも知れません。それでも飯田、寺田、林、諏訪と、キラ星の如くいた先輩と目を合わさぬよう苦労した毎日が思い出されてなりません。

夏の合宿が終わり、本校道場に顔を見せた1年生はまた半減し、6名 になっていました。石倉俊太君、斎藤正雄君、日比野功君、山口哲平君、 新井田偵一君、そして私。この6名が卒業まで残ったのです。

1957年(昭和32年)、2年生の時の合宿は伊豆大島でした。宿舎は元町 の大きな旅館「柳川館」でした。オーナーの藤田先輩は柔道部のOBで、戦前は米国で活躍されたのだとお聞きしました。私より3年下の大島君の叔父上です。ここでは前年と違い、住と食の苦労は全くなく、道場は小学校の体育館で練習専一でした。

主将は阿部一男先輩でした。この人はどうしてこんなに走らせるのかと思うほど、我々を走らせました。コースは三原山の登山コースです。隔日に頂上の展望台まで走るのです。それがない時は火山灰の黒砂の上でダッシュの繰り返しです。午前中は体力トレーニング、午後からスパーリングでした。たったひとつの楽しみは海水を引き込んだプールでの競泳です。そして、防波堤の先端から反対側の先端への100メートルほどを泳ぐのです。合宿中2回ほどありました。

2年生になって、少しばかりレスリングの面白さがわかりかけて来た頃、1年下に入って来たバンタム級の新人3人組に愕然とさせられました。石沢二郎君、田村英司君、大橋弘次君です。特に石沢君は入学して間もなくモスクワで開催された世界青年友好大会(ユニバシアード)で優勝するのです。彼等3人を見て「ああ、俺もこれで先が見えた」と、2年でそう悟ると急にレスリングが楽しくなって来ました。以来道場へは誰よりも出たと思います。

1958年(昭和33年)、この年の夏季合宿も伊豆大島「柳川館」でお世話になりました。主将は諏訪一三先輩。この人も徹底して走る人でした。諏訪さんは青森県八戸の東奥義塾高校のスキー部で、クロスカントリーの選手だったと聞いています。私はこの諏訪さんと3年間、道揚でご一緒するのですが、スパーリングの厳しさと回数だけは私が一番多かったろうと思います。一時は「諏訪さん、飯塚さんの準備体操係」とまで言われたくらいです。私か好んでパートナーをお願いしたのではないのです。むしろ逃げ回っていたのですが、目が合うと「オイ、行こか」と声がかかるのです。

この合宿は私にとりまして思い出深い合宿でした。何とか3年間やって来た事で褒美の意味もあったのか、「四朗、フライ級に体重を落とせば国体に推薦してやるよ」と飯塚先輩に言われたのです。私はそれまで3キロくらいしか体重を落とした事がなかったのですが、フライ級のリミットは52キロですから8キロ落とさねばなりません。そして、この合宿で6キロ落として54キロにし、試合前に最後の2キロを落とそうと体重調整しました。結局、この合宿で目的の54キロまで落としたことで体の感度もよくなり、充実した気持で合宿を終わる事ができたのです。

1959年(昭和34年)は、翌年にローマオリンピックを控え、緊張した年でありました。主将は石倉俊太君です。この年の夏季合宿は名古屋商科大学の合宿所を、楓先輩のご好意で提供して頂きました。4年生最後の合宿は不思議に覚えがないのです。唯々暑かった事、これに尽きます。4年間の学生生活を思う時、やはり合宿所での楽しい思い出、練習の辛さか浮かび、今は全て古い活動写真のフィルムが音を立てて回転しているような気がしています。父は私が大学を卒業する秋頃、「何も勉強しなかったのだから、大学院にでも残してもらうようお願いしてみようか」と真面目な顔で申しました。今思えば父の親心そのものだったのでありますが、あの時一目散に社会に出たことが結果的によかったのか悪かったのか、今となっては比べようもない事でありますが、私の人格の8割は明治大学レスリング部で培われたものと確信していますし、その事を誇りとさえ思っています。


〈昭和34年度最上級生部員〉
山口哲平(バンタム級)
渡辺四郎(バンタム級)
日比野功(バンタム級)
斉藤正夫(フェザー級)
新井田植一(ライト級)
石倉俊太(ミドル級)
昭和34年(1959)
  出来事
  ○ 皇太子ご成婚
  ○ 伊勢湾台風
死者行方不明5000人を超える
  ○ 東京の人口900万人を超す
  ○ プロ野球初の天覧試合
  ○ 週刊「少年マガジン」「少年サンデー」
創刊
  流行語
  ○ かみなり族
  映画
  ○ にあんちゃん
  流行歌
  ○ 古城


明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
5月

東日本学生リーグ戦 1部
優勝=明大
優勝は全勝同士の明大と中大の間で争われた。1点リードされた明大が最後のライトヘビー級で勝ち、3-3の同点に持ち込む大接戦だった。結局フォール勝ちの多い明大が優勝。

9月

全日本学生選手権大会
(青山レスリング会館)
バンタム級  石沢二郎  優勝
ミドル級   青海 上  優勝

10月
フリースタイル世界選手権大会
(テヘラン)
ライト級   味方政宏  出場
ウェルター級 石倉俊太  出場
10月

王座決定戦
優勝=中大
明大=2位
中大が3年連続6度目の優勝を飾った。
春のリーグ戦は明大が連勝し、秋の王座戦は中大が雪辱する形で両校の争いが続いている。

11月
フリースタイル全日本選手権大会
バンタム級   大橋弘次  優勝
フェザー級   矢田良彦  優勝

グレコローマンスタイル
全日本選手権大会
ウェルター級  石倉俊太  優勝
ミドル級    青海 上  優勝
 
昭和33年 春の合宿風景
 
昭和34年8月
夏季合宿(名古屋商科大学)
 
昭和34年8月
夏季合宿(名古屋商科大学)

監督就任1年目を顧みて

昭和34年
監督 笠原 茂

 
 今年ももうあと僅か。明大レスリング部を今日あらしめた功績の人・水谷監督のあとを受け、新監督に就任してから早くも一年の歳月が経つ。瞬間に過ぎ去った日々を顧みると、現役選手時代とは著しく異なった感慨が去来する。

春4月、監督に就任してまず思った事は、常に部員と共にという事だった。部員達の考え方及び技術、いわゆる心技両面を正確に掴めずして、監督という任を全うする事は至難である。幸いにして、この考え方か部員達に迎え入れられ、一緒に練習することが、かえって部員達の奮起を促す結果となり、月ならずして開かれた春の関東大学リーグ戦では、年来の好敵手中大を決勝で破り、優勝する事ができた。もちろん優勝は、選手達の絶え間ない練習と研究の成果であった事に異論はないが、私にとってもまた、何よりも有難い選手達からの贈物であった。だが、この一事をもって初心者の私が安易な気持ちを抱いてはいけない。張りつめた弦も、ちょっとした緩みから不協和音を奏でる事になる。このような思いを胸に練習を繰り返しているうちに、夏の合宿が始まった。どのスポーッでも、夏の合宿は炎天下という悪条件が手伝って特に厳しい。数年前までは私も現役として僚友達と辛苦をなめた思い出があるが、ふと練習方法についてある事を思い立った。

合宿と言えば、朝から晩まで一日中抑揚のない練習に終始している。そこには気候的な諸条件は全く考慮に入れられない。もちろん練習に次ぐ練習こそ、栄冠への近道に他ならないが、それにしても方法があろう。そこで早速、合理的な練習方法として時間割りを作り、練習時間と休憩時間を交互に配置して短時間猛練習主義をとってみた。部員達もこの方法に賛成し、合宿期間中は従来と異なる練習に汗と油を流してくれた。不幸にして秋の東日本大学王座決定戦では中大に敗れ、シーズンも幕を閉じた。就任以来私を信頼し、盛り立ててくれた部員達の気持ちと力強く協力して下さる先輩諸兄には感謝の念でいっぱいであると同時に、ローマ・オリンピック大会、そして4年後の東京オリンピックには、是非、母校明大の選手達で金メダルを、と私の希望は果てしなく大きい。

《明大スポーツ新聞より転載》

昭和34年
関東大学レスリング春季リーグ戦優勝
決勝戦メンバーレキュラー9人が新潟県出身もすごい

上左から
    笠原監督
   倉田
   新井田
   星名
   青海

下左から
    松木
   阿部
   田村
   石倉
   石沢
   藤田
   斉藤

 

前
昭和33年
カテゴリートップ
隆盛編
次
昭和35年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.