明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和35年 異国で聴いた「君が代」に感激いっぱい
 
忘れられない世界青年友好スポーツ大会での優勝

昭和36年卒
石沢二郎
 
 

昭和35年 春合宿

 
昭和32年、私が目指す明治大学への入学を許され、はるばる新潟から上京してから40数年の歳月が流れました。その間ずっと私は、伝統ある明治大学レスリング部の一員として生活して来ましたが、何と言っても一番印象に残っているのは、1年時のモスクワ遠征のことでしょう。

入学したばかりで西も東もわからない私は、日本代表選考会で優勝した時も、まるっきり本当のことと思えず、高校時代から夢みた海外遠征に行くのだとは、どうしても考えられませんでした。その当時はモスクワヘ行くことが大変な時代でした。けれどもブレザーコートの寸法をとったり、洋式生活の注意を聞いたり、結団式が行われたりと、またたく間に準備期間は過ぎていき、奇しくも故郷の新潟から船に乗った時に初めて、「ああどこか遠いところへ行くんだなあ」という気がしたものでした。この船は、ソ連船のアレクサンドル・モジャイスキー号で、世界青年平和友好祭に参加する各界代表も乗っていました。我々はナホトカに上陸してから、ハバロスクまでシベリア鉄道で行き、そこからは飛行機でチタ、イルクーツク経由でモスクワヘ行くことになりました。

この間、生まれて初めて乗った飛行機、ナホトカ港に集まった歓迎の群集の姿など、一生忘れられない思い出が数多くありますが、モスクワヘ着いて1週間たってから見物した平和友好祭の開会式ほど、私の心を打ったものはありませんでした。世界中から集まった何万という人たちをモスクワ市民が迎え、口々に「平和と友情のために」と叫ぶ姿を見て、これだけの人々の熱意があれば決して再び戦争は起こるまいと思えたものでした。

この世界青年友好スポーツ大会に、我が明治大学レスリング部からは矢田良彦、諏訪一三、高水春雄諸先輩方と私の4人が参加しました。結果はフライ級で諏訪先輩、バンタム緻では小生も優勝し、金メダルを獲得することができました。異国で「君が代」を聴き、日の丸を見ていると、それまでの減量の苦しみやつらかった練習のことなどすべて忘れ、ただただ感激でいっぱいでした。今でも思い出して忘れることができません。

そして、笠原先生からは基礎技術をしっかりと叩き込まれ、自分自身にまず勝つこと、苦しい減量に耐えて試合に参加することの大切さを教えていただきました。そして、十分な練習を課されることで精神力の強さと自信がつき、体力も日々のトレーニングによって向上し、目的意識をもって練習することで集中力が高まることも修得しました。この4年間のレスリング生活を通じて社会人としての素養を培うことができ、私の人生において大いに役立っています。ここにお世話になった先輩諸氏、並びに同志に心から感謝を申し上げたいと思います。〈昭和35年度最上級生部員〉
阿部正男 (フライ級)
小林淳二 (フライ級)
佐竹賢三 (フライ級)
篠原敬二郎(フライ級)
石沢二郎 (バンタム級)
大橋弘次 (バンタム級)
田村英司 (バンタム級)
神谷文二 (フェザー級)
千葉明男 (フェザー級)
岡田健治 (フェザー級)
藤木善次 (フェザー級)
宮川 弘 (フェザー級)
石賀 恵 (ライト級)
長谷川保夫(ライト級)
星名 明 (ウェルター級)
青海 上 (ミドル級)
昭和35年(1960)
  出来事
  ○ 日米安保保障条約調印
  ○ 安保闘争
  ○ ローマ・オリンピック
アベベ「裸足の英雄」
  ○ カラーテレビ放送開始
  ○ ダッコちゃんブーム
  流行語
  ○ ナンセンス
  映画
  ○ 勝手にしやがれ
  流行歌
  ○ 誰よりも君を愛す


明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
2月 アメリカ遠征
バンタム級の大橋弘次が参加。
全米チャンピオンに3回もなったことのあるテリー・マッキャンをフォールで下して注目される。
3月 初めて協会の広報誌が誕生
B5版(週刊誌大)8ページのささやかな創刊号で定価は1部20円だった。
5月

東日本学生リーグ戦 1部
優勝=明大
明大、中大、日大の3校が5勝1敗の同率となったが、総勝ち数40をあげた明大が中大、日大を抑えて3連覇。8度目の優勝を遂げた。

8月
第17回オリンピック・ローマ大会開幕
コーチで笠原茂、フリースタイルでライト級の阿部一男、グレコローマンスタイルでミドル級の石倉俊太、ライトヘビー級の青海上が参加。
レスリング日本代表はフリーだけでも金メダル3〜4個は確実と信じられていた。しかし、フリースタイルでフライ級の松原が銀メダルを獲得しただけの惨敗だった。
10月

王座決定戦
優勝=中大
明大=2位

11月

全日本学生選手権大会
(青山レスリング会館)

12月
フリースタイル、グレコローマンスタイル全日本選手権大会
〈グレコローマンスタイル〉
ライト級  阿久津英紀 優勝
ミドル級  波山竜美  優勝
ヘビー級  杉山恒治  優勝
※ミドル級、ライトヘビー級、ヘビー級は参加者が1人ずつため、試合を行わずに優勝が決定

昭和34年10月19日
東日本学生レスリング王座決定戦 決勝
石沢(明大)対風間(中大)の熱戦
石沢(上)体固めで攻めるも
風間(下)懸命にこらえる


昭和34年
第10回全日本学生選手権 優勝者
左から2番目バンダム級石沢(明大)
6番目ミドル級青海(明大)

 

前
昭和34年
カテゴリートップ
隆盛編
次
昭和36年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.