明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和36年 オリンピック大会で勝つ事ほどむすかしい事はない
 

東京五輪と日本レスリング界の今後

昭和36年
監督 笠原 茂


 
ローマ大会に継いで1964年、主催国東京で開催が決定して以来、日常でオリンピックという言葉を耳にしない日がないほどだが、国を上げての体制が未だ整えられていない状態である。世界各国のスポーツ団体の役員並びに選手は、すでにローマ大会以来「東京」を合言葉にスタートを切り、そして猛練習に励んでいるかと思うと、日本の指導者並びに選手は1日たりとも油断を許されない状態にある。

負けた選手の中には「オリンピック大会は参加することに意義あり」と理屈を言う者もいるが、実際にオリンピック大会で勝つ事ほど難しいことはないのは言うまでもない。しかしながら日本レスリング界では、戦後オリンピック大会以来金メダル3個、銀メダル3個と著しい成果を築き上げて来た。選手層もかなり厚くなり、日本レスリング界は世界強国と比肩し恐れられたことは事実であるが、ローマ大会の仇打ちを東京でと意欲を燃やさずにはいられない。そしてトルコ、ソ連、イラン、アメリカを敵にして、日本国民の前で勝たねばならない。これが日本レスリング界の宿命であり、いわゆる角番に立たされていることを知る必要がある。

まず根本から叩き直さなければならないと痛感する。戦後民主主義のはき違いから来る時代の流れと共に、レスリングの為に長年先輩諸氏が築き上げてきた練習の強さや方法が無視され、そして破壊され、軽いトレーニング、楽な練習へと走る傾向にあり、過去のスパルタ式訓練が取りはずされている。どの競技でも同じであるが、スパルタ式訓練に科学的トレーニングを加味しなければならない。特に格闘競技であるレスリングはなおさらである。そしてソ連の投技、米国のスピード、トルコの根性、イランのずるさを徹底的に研究し、マスターすることに主眼をおけば、上位4ヶ国を打破することは難かしくはない。

先日の横浜の世界選手権に負けたとはいえ、フリースタイル、グレコローマンスタイルのフェザー級試合に勝てば1位、負ければ4位という場面で惜しくも敗れたのも、技術ではなく、練習から生れ出る根性と、勇敢に戦うという心構えが欠けていたからである。この多くの苦い経験を積み重ね、東京オリンピック大会を目標に、レスリング界は前進することを欲してやまない。

主催国である以上、国の名誉にかけてもメインポールに日の丸を揚げるんだと自分に言い聞かせ、黙々と練習に精進してもらいたい。また、本学からも数多くのオリンピック選手か出場し、立派な成果を上げられることを願っている。

《明大スポーツ新聞より転載》


〈昭和36年度最上級生部員〉
高橋照夫(フライ級)
浜本一哉(フライ級)
岩岡昭雄(フライ級)
小礒晴彦(バンタム級)
宮本輝夫(バンタム級)
金井 賢(フェザー級)
藤田嘉雄(フェザー級)
山西 樹(フェザー級)
倉田勝美(ライト級)
堀川哲男(ライト級)
昭和36年(1961)
  出来事
  ○ 第二室戸台風猛襲、死者202名
  ○ 日航東京−札幌間に初のジェット機就航
  ○ 「地球は青かった」
ガガーリン世界最初有人衛星船からの帰還
  ○ 柏鵬時代
  ○ レジャーブーム到来
  流行語
  ○ 高度成長
  映画
  ○ ウェストサイド物語
  流行歌
  ○ 銀座の恋の物語


明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
3月 この年より東京オリンピックを目指しての海外遠征が積極的に行われる。初めて海外遠征した高校選抜チームはアメリカ各地を転戦し、好成績をあげた。
  学生選抜チーム渡米
フェザー級の岩室好純、ライト級の阿久津英紀、ヘビー級の杉山恒治が参加。
米西部沿岸選手権大会
(オークランド)
ヘビー級   杉山恒治  3位
4月 全米選手権大会(トレド)
〈グレコローマンスタイル〉
ヘビー級   杉山恒治  2位
  カナダ選手権大会
(バンクーバー)
フェザー級  岩室好純  優勝
5月

東日本学生リーグ戦 1部
優勝=中大
明大=2位

6月 世界選手権大会が日吉の慶大記念館で開催される。国内での開催は昭和29年に続いて2回目。
監督で村田恒太郎、フリースタイルでライト級の阿部一男、グレコローマンスタイルでウェルター級の佐々木洋一、ミドル級の風間貞夫、ライトヘビー級の丸山彰治、ヘビー級の杉山恒治が出場。
11月

フリースタイル全日本選手権大会
優勝者の内訳でOBが現役を上回った。
練習量では現役組が有利にもかかわらず卒業組みに勝てなかったことで、若手の奮起が望まれる大会だった。
ライト級    阿部一男  優勝
ヘビー級    杉山恒治  優勝

  グレコローマンスタイル
全日本選手権大会
フライ級    梶川政文  優勝
ウェルター級  佐々木洋一 優勝
ミドル級    風間貞夫  優勝
10月

全日本学生選手権大会
(青山レスリング会館)
フライ級    梶川政文  優勝
ウェルター級  佐々木洋一 優勝

9月

王座決定戦
優勝=中大
明大=2位

11月
ソ連遠征
全日本選手権優勝者のほか2人と、審判兼マネージャーで田口美智留が参加。
  第1回全日本学生対抗グレコローマンスタイル選手権大会が開催。(青山レスリング会館)
明大が8−1で日大を破り優勝。

全日本女子レスリング監督を務めてきた感慨

昭和37年卒
堀川哲男



 
私は明治大学レスリング部に入部し、卒業後の昭和53年から少年レスリングに携わり、その後昭和60年に日本アマチユアレスリング協会の女子部新設に伴い、女子部も併行して管理・監督・指導を行い、1987年の第1回世界選手権大会から、1991年の第4回世界選手権大会まで全日本女子の監督を務めてきました。その間、団体優勝3回、個人戦では8人の世界チャンピオンを輩出させることができました。
レスリング競技はローマ時代から続き、当時は女性もやっていた歴史の古い格闘技です、女性レスラーが脚光を浴びたのは1977年頃で、ダイエット・スポーツとしてアマレスがヨーロッパで流行しました。
日本では「女子プロレスの人気の影響でアマレスに人気が出てきた」ことが要因であることは確かであります。
 
男女差のない練習に励み、世界チャンプを目指して「本物の強さ」を身につけ、勝利の味をかみしめた選手が生まれてきたのが、何よりの収穫でした。また、次期開催の2004年アテネオリンピックで、女子レスリングの4階級実施を正式種目に決められたことは、私の最大の喜びになっています。
そこで、昭和62年(1987年)10月24〜25日の両日、ノルウェーのオスロで開かれた第1回世界選手権に監督として参加した私が、当時の思い出を綴って雑誌に掲載した文章を、ここに再録させていただきます。


 

前
昭和35年
カテゴリートップ
隆盛編
次
昭和36年_02

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.