明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和37年 部員全員が張りつめていた中大との戦い
 
多くのメダリストを育てた青山レスリング会館

昭和38年卒
若林益吉

 多くのOBは、それぞれの活躍した時期の戦歴や思い出を書くことと思いますので、視点を変えて港区北青山にあった青山レスリング会館について書きます。

いつ、どなたの尽力で建てられたかは前のOBに尋ねなければなりません。位置的には秩父宮ラグビー場の西隣にあって、北には神宮球場が歩いて数分の所にありました。当時はもう相当に古く、雨もりのするモルタルの会館で、敷地内には管理する老夫婦の家と外トイレがありました。

ここでは主に春のリーグ戦、秋の王座戦、学生選手権、グレコ戦、新人戦が行われました。関東1部、2部の試合では、当時の上位校(私見です)である明中日専早慶が対戦し、しのぎを削っていました。私の在籍中にはこのうちの何校かが2部に落ち、2部からどこかか上って戦っていたと思います。

その中で春のリーグ戦、特に対中大戦には力が入っていました。前日には神宮球場隣の日本青年会館に泊っていたし、ある年には世田谷の笠原監督宅に泊り込んで食事を含め、至れり尽せりのもてなしを笠原夫人より受けたこともあります。とにかく、中大戦は選手も他の部員もかなり張りつめた状況でした。

他の試合の時は青山通りのスミダ食堂で、計量後の試合開始時間まで食事と休憩をしていました。他校も近所でそれぞれの食堂、レストランを利用していました。青山レスリング会館は、我々が卒業して数年後、耐用できなくなって解体されました。

ここからオリンピックや世界選手権で活躍した多くのメダリストが巣立っていったよき時代であり、偶然にもその黄全期とオーバーラップする時期にレスリングに関われたことを振り返ると、私もよき青春時代を過したなと、むしろ郷愁を感じます。
昭和37年(1962)
  出来事
  ○ 東京都人口1000万人世界初
  ○ 堀江謙一太平洋単独横断
  ○ 国鉄・金田正一投手、奪三振3509の新記録
  ○ 三河島事故
  ○ プロボクシングのファイティング原田
世界フライ級チャンピオンに
  ○ YS11初飛行
  流行語
  ○ 青田刈り
  映画
  ○ キューポラのある町
  流行歌
  ○ 可愛いベイビー

日本の重量級は世界の中量級

昭和38年卒
風間貞夫

 昭和36年(1961年)、大学3年時に初めて全日本のタイトルを獲る事ができた。ローマオリンピックで日本が初参加したグレコ・ローマンスタイルである。そして、初めての海外遠征はソ連を初めヨーロッパの7ケ国。当時のソ連は世界の最強国であった。他の国は歴史があるものの、強くなかったように思う。

ソ連のレスリング人口は10万人と言われ、A、B、C、Dとランク別に分れており、それぞれの大会に入賞すると上位のランクに上がり、Aランクはナショナルチーム入りになるとの事。

当時、日本レスリング人口は2000人もいたであろうか。日本人の平均体重は50数キロで、その前後の選手層が厚く、81キロ級になると全日本でも30人足らずの出場者である。したがって81キロ級の小生でも重量級と言われた。

ところが外国では、平均体重がはるかに上なので、81キロ級でも中量級なのである。ソ連の81キロ級はおそらく数千人はいるのだと思う。そのソ連で、未だグレコの基礎も知らない日本の代表が親善試合をやるのだから、結果は明白である。ただ、東京オリンピックの強化という意味での遠征なので、皆必死であった。

軽量級は善戦するも、それ以外のクラスは簡単に勝負がついた。恐怖心ばかりが先に立った試合であったように思う。プロスポーツのないソ連では、常に数千人から1万5千人位の観衆が集まるのには驚かされた。試合でもソリ投げや様々な技が掛かり、ソ連の選手は楽しかったであろう。練習でも投げられ、ころがされ、少しずつ防御やコツを体で覚えた事を記憶している。

ソ連での2週間を体験したせいか、他の国では皆ソコソコの試合ができたように思う。日本で重量級と言われても、世界では中量級である。日本の選手層の薄さを考えると、よほどトレーニングをしないと世界には通用しない事を痛感させられた。

その後、日本はトルコからドーガン氏をコーチに招聘。2年間、グレコの強化に当たり、38年三度目のソ連遠征では、8戦して4勝2敗2引分けの成績を残す事ができた。

期待されながら東京オリンピックでは不本意な成績で終わるも、日本のグレコは金2個、4位、5位と、中量級も世界で通用するようになったのは、ドーガン氏の指導力と選手のやる気があったからであろう。
明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
5月

東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=明大
第4週で無配同士の明大と中大が対戦。
5-5の引き分けとなったが、フォール勝ちの多い明大が勝利。明大はその後も勝ち続け、7戦全勝で2年ぶり9度目の優勝を飾った。

6月 全米選手権大会
ライト級    阿部一男  優勝
ウェルター級  風間貞夫  2位
ミドル級    丸山彰治  2位
ライトヘビー級 杉山恒治  3位
  世界選手権大会が米国オハイオ州のトレドで開催。
特筆されることは、グレコローマンスタイルで初めて金メダルを獲得したことである。
グレコ強化に本格的に取り組んだのは、わずか5年前の昭和32年からだった。この短期間に世界に通用する選手が生まれてきたわけで、関係者、選手の努力が大いに賞賛される出来事だった。
監督で村田恒太郎、フリースタイルでライト級の阿部一男、グレコローマンスタイルでフェザー級の岩室好純、ウェルター級の風間貞夫、ミドル級の丸山彰治、ライトヘビー級の杉山恒治 が参加。
7月

全日本選手権大会兼アジア大会最終予選
<フリースタイル>
ライト級    阿部一男  優勝
ライトヘビー級 高木春雄  優勝
<グレコローマンスタイル>
ライト級    佐々木洋一 優勝
ミドル級    波山竜美  優勝

8月

ソ連遠征団はソ連の国内スケジュールの都合で急遽遠征先をルーマニアに変更。
コーチ権マネージャーで織部公博、バンタム級の大島紀夫、ミドル級の波山竜美、ヘビー級の斉藤昌典が参加。

  第4回アジア大会
(ジャカルタ)
監督として村田恒太郎、審判員として笠原茂が参加。
<フリースタイル>
ライト級    阿部一男  優勝
ライトヘビー級 高木春雄  2位
<グレコローマンスタイル>
ライト級    佐々木洋一 優勝
ライトヘビー級 高木春雄  2位
9月

全日本学生選手権大会
(青山レスリング会館)
この年よりグレコローマンスタイルが始まる。
<フリースタイル>
ウェルター級  風間貞夫  優勝
<グレコローマンスタイル>
バンタム級   鈴木磯雄  優勝
フェザー級   岩室好純  優勝

10月

王座決定戦
優勝=中大
中大が6連覇、通算9度目の優勝
明大=3位


昭和36年
全日本選手権(グレコ)優勝者
上左から市口(関大)、藤田(日体大)、
沢内(専大)、浦田(中大)、稲葉(日大)
下左から梶川(明大)、佐々木(明大)、
風間(明大)

 

東洋系とラテン系を指導した想い出

昭和38年卒
阿久津 英紀

 明治大学レスリング部、創立70周年おめでとうございます。
私自身は海外でレスリング指導、そして生活約30年。タイで第5回アジア大会、第6回大会と二度の指導に当り、その後中南米ベネズエラのナショナルコーチとして27年間、レスリングを指導してきました。アジア、中南米という異質な人間関係の中で指導できたのも、明治大学レスリング部OBとしての誇りを持ったからこそであると思っています。

タイ人とラテン人(ベネズエラ)。同じレスリングでありながら、教え方は完全に違ってきます。我々と同じアジア人であるタイ人は非常に忍耐力があり、指導するのには楽ですが、体力の面からすれば非力です。しかし、中南米系は人種が複雑に交ぜ合わされ、現地民族と侵略者であるスペイン、ポルトガル、アフリカ系(これは奴隷として入って来た)、そしてイタリア系と、他種他様のメンタルが入り込み、ここに書ける程度では表現する事は大変です。しかし、身体能力は我々アジア人にとってはうらやましいかぎりです。

それでは何故、彼らは強くならないか。発展途上国で本格的に運動をする事は、経済的に20歳までしか無理だからです。キューバは国がスポーツをやるための環境とシステムを確立しています。けっして立派な設備ではありませんか、スポーツ医療関係はドイツ、アメリカに次ぐ優れたシステムです。

日本のスポーツ関係者は、金をかけない指導教育を研究する事が必要ではないかと思われます。キューバの練習場を見ていて、43〜44年前の生田の合宿所を思い出しました。キューバは雨もりがし、窓ガラスもないに等しいこの施設で金メダルを産んでいます。我が明治のレスリング部も笠原先生そして宗村君、柳田君(多賀君、宮原君のときは古い合宿所が有ったのか?)など、古い合宿所育ちがメダリストになっている点で、キューバとダブります。とにかく現在もすごい所でキューバはやっているのです。

2002年4月。自分はキューバに行って30年来のキューバのレスリング関係者と逢って来たばかりです。レスOB諸兄はビジネスの事と思われますが、1億2000万の人口の日本に対し、人口800万〜1000万のキューバが、オリンピックで日本の3倍ぐらい金メダルを取ります。一概に社会主義国だからと片付けられないと思われます。

最後で申し訳ありませんが、故水谷先生、そして故笠原先生、レスリング部の後輩諸君がベネズラに来て、現地の学生との交流を行ったことが、本当に良い思い出です。特に水谷先生、笠原先生と一緒に歌った「おお明治」は一生忘れられない思い出です。また、田口先輩には海外で、自分が弱いチームを連れて試合に行った時、「阿久津よくやってるな」と声を掛けてもらいましたね。当時のFILAの審判マフィア田口、東(早稲田OB)コンビを思い出します。早く日本レスリングが復活し、明治レスリングのメンバーがFILAのヒナ壇に上り、メダリスト台の中央に上がれる事を析って終わります。


<昭和37年度最上級生部員>
梶川政文 (フライ級)
松木靖二 (フライ級)
大島紀夫 (バンタム級)
小林義明 (バンタム級)
林 完治 (バンタム級)
若林益吉 (バンタム級)
岩室好純 (フェザー級)
阿久津英紀(ライト級)
佐々木洋一(ウェルター級)
風間貞夫 (ミドル級)
杉山恒治 (ヘビー級)

 

昭和38年
東京国際スポーツ大会(プレ五輪)
八田会長よりグレコ優勝者祝福を受ける
フライ級   花原 勉(日体大)
バンタム級  市日政光(関大)
フェザー級  大島紀夫(明大)
ウェルター級 風間貞夫(明大)


 

前
回想録 澄水園が育んだ名選手
カテゴリートップ
隆盛編
次
S38年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.