明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和38年私たちの人生観の原点はあの大学4年間にあった
 

励みになった同期生の団結力

昭和39年卒
成本 暉

 明治大学体育会レスリング部創立70周年記念史へ、同期生を代表して寄稿するにあたり、とてつもない責任を感じてなりません。4年前に突然亡くなってしまった我々のリーダー「波山竜美」君の無念さを思うと、今でもいたたまれなくなってしまいます。レスリングを通して大学4年間の青春時代に寝食を共にし、喜怒哀楽を共有した大切な仲間の一人でも欠けると、これほど淋しいものはありません。

思えば私たち同期生は昭和35年の春に入学しました。春の合宿に参加するため、高校の終わり頃の2月に希望に胸を膨らませ、全国各地からそれぞれのフトン袋を持って、東生田の小さな駅舎に降り立ったのが始まりでした。初めのうちは、想像だにしなかった厳しい練習と規律が辛く、ホームシックになるばかりでした。そんな中、次第に同期生同士の連帯感か強まり、励みになりました。在学中の4年間を振り返ると、いろいろなことがありました。楽しかったこと、辛かったこと、嬉しかったことなど、一つ一つが思い出されて頭の中がいっぱいになります。

個人的なことで恐縮ですが、私は1年生の秋に再起不能の怪我をし、選手生活を断念しました。しかし、笠原先生や多くの先輩方、そして同期生の温かい励ましにより、レスリング部員として本当に素晴らしく有意義な4年間を過ごすことかできました。卒業してからすでに38年経過している現在、やはり私たちの人生観の原点はあの大学4年間にあったと思います。明治大学レスリング部員魂として、質実剛健の中に愛情と厳しさのある校風を作り上げてくださった諸先輩には、心の底から敬意を感じております。生意気なようですが、後輩たちには愛情を備えた立派な社会人になって頂くことこそが、私たちにとっての誇りであり、愛校心を一層強めることになると思います。
昭和38年(1963)
  出来事
  ○ 国産アニメ第1号
鉄腕アトム放送開始
  ○ ケネディ暗殺事件
  ○ 同伴喫茶
  ○ 坂本九「上を向いて歩こう」が
米ビルボード誌で1位
  ○ 力道山暴力団員に刺され死亡
  流行語
  ○ お呼び出ない
  映画
  ○ アラビアのロレンス
  流行歌
  ○ 高校三年生
昭和35年 岐阜において夏期強化合宿
1年生全員と杉山先輩

前例のない戦績を残してしまった反省

昭和39年卒
波山竜美

 今年も残す行事は11月に行われる全日本グレコ対抗戦のみとなった。そして、私達4年生にとっては最後の試合なのである。名望に胸ふくらませて明治大学に入学し、ただひたすらレスリング道に心身を傾けて過ごしたこの4年間を回想すれば、何といろいろな事が浮かんでくることであろう。誰もが強くなりたいという一心で、そのためには精神的にも肉体的にも幾多の苦闘があった。マットの上で毎日毎日汗にまみれて涙をこぼしていた頃もあったが、もうすぐ卒業だと思うと、それらが再び思い返されてくる。

私が1年生の時、春のリーグ戦で優勝したことがあった。3年間連続制覇だったそうで、もちろん私達はうれしかった。その優勝の感激にむせんでいる上級生達を見て、私達同級生は「俺達もこれから一生懸命に練習し、4年生になったら自分達の力で優勝しような!」と固く心に誓いあった。勝って優勝することこそ勝負の世界の美徳である。“必ずやるんだ”そして練習に練習を・重ね、3年生の時の去年、優勝する事ができた。

4年生になるや私はこの伝統あるレスリング部の主将を引き渡され、一層の強い闘志をもった。しかし、今年卒業された先輩が全員強力な選手であったためと、私達4年生が人材に欠けている点で、再三不安に襲われた。周囲から、今年は弱い弱いと言われながら、果たして自分がチームの主導的立場に立って、少しでも恥ずかしくない前進か遂げられるかどうか?そして目的が果たせるかどうか?こんな不安の中、監督をはじめ、諸先輩から強く励まされ、私は新たに成し遂げる事を決意した。50名の部員が団結して一つの弾丸となれば、これほど強いものはないであろう。この弾丸の主導者として私は限りない努力をし、春季リーグ戦を迎えた。

1回戦から宿敵、日大と対戦し8対3で敗れた。約2ヶ月間にわたって行なわれたリーグ戦は、結局4位に留まるという、明大レスリング部として前例のない戦歴を作ってしまった。何とみしめであったろう。恥ずかしさ、みじめさ、責任感、憤怒・・・・に苦しめられながらも、私は心ゆくまで反省した。そうだ!確かに実力が足りなかったけれど、それ以上に部員の団結心が足りなかったのかもしれない。レスリングというものは、突き詰めてみると個人の格闘競技であるため、数多い試合に、ほとんどの選手が毎日減量に苦しんでいると、とかく団結心が欠けてくる。しかしこれを統制し、決して離さないようにするのが自分の使命なのではないか。

私は心機一転を志し、11月のグレコ対抗戦こそはと、苦しい経験を活かして現在まで努力している。必ず雪辱を遂げる信念がある。残るこの大会で一挙に挽回し、4年間部員達と共に過ごした学窓から、喜びを持って去りたいと思う。私たちが卒業しても限りなき部の発展を析る。

 最後に監督をはじめ諸先輩から、長い間絶大なる御協力、御指導、御鞭撻頂いたことを、厚く御礼申し上げます。

《明大スポーツ新聞より転載》

<昭和38年度最上級生部員>
成木 暉 (フライ級)
森脇和敏 (フライ級)
勝間田健 (バンタム級)
杉村隆一 (バンタム級)
岩上竹三 (フェザー級)
白井佐一郎(フェザー級)
鈴木磯雄 (フェザー級)
橋本敏郎 (フェザー級)
岩田義紀 (フェザー級)
白砂繁行 (ライト級)
波山竜美 (ミドル級)

明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
2月
ソ連選手団来日
シハルリーゼ団長以下一行16人(うち4人はサンボ選手)
5月

東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=中大
明大=4位
中大が6-3で日大を破り、2年ぶり10回目の優勝を飾る。

  フリースタイル世界選手権
(ブルガリア・ソフィア)
バンタム級   池田博志  2位
ウェルター級  織部公博  出場
ライトヘビー級 斉藤昌典  出場
6月 国際大会がイギリス・マンチェスターで開催。
世界選手権出場の日本選手団が7階級に出場。
  バンタム級   池田博志  2位
ウェルター級  織部公博  優勝
ライトヘビー級 斉藤昌典  2位
7月 グレコローマンスタイル世界選手権大会
(スウェーデン・ヘルシングボリ)
コーチ    笠原 茂
フェザー級  岩室好純 5回戦進出
ウェルター級 波山竜美 出場
ミドル級   風間貞夫 出場
9月

全日本学生選手権大会
(青山レスリング会館)
<フリースタイル>
フェザー級   森田武雄  優勝
ライトヘビー級 斉藤昌典  優勝
<グレコローマンスタイル>
ライト級    宗村宗二  優勝
ミドル級    渡辺保夫  優勝
ライトヘビー級 河野八郎  優勝

10月

王座決定戦
優勝=日大
日大が中大を7-4で下し初優勝
明大=3位

11月 全日本選手権大会
<グレコローマンスタイル>
フェザー級   大島紀夫  優勝
ウェルター級  風間貞夫  優勝
  第2回関東学生対抗
グレコローマンスタイル選手権
(青山レスリング会館)
明大が5-3で日体大を破り2連覇
1・2部入替え戦 日体大5-4慶大
2部優勝の日体大が1部最下位の慶大を下し、1部に昇格。これから日体大が力を付け1部でのA級校にのしあがる。
昭和38年3月 春合宿
 

 

前
S37年
カテゴリートップ
隆盛編
次
S39年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.