明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和39年東京オリンピック、創立30年という記念の年の快挙
 

春秋完全優勝

昭和40年卒
森田武雄

 
創立30年となる昭和39年(1964年)は、私の大学生活最後の年であった。当時を振り返り、充実した1年間を日記帳、新聞のスクラップ、明大スポーツの発刊した体育会誌から再現してみたい。

練習開始
1月10日12時に合宿所集合。翌日より朝錬も開始する。多摩川の橋を目安に渡り切ると優勝、手前で戻ると勝てないというジンクスを守り、毎朝橋を越えて戻ってくる。

春季強化合宿
2月20日〜3月31日まで実施。例年1ヶ月合宿が恒例であったが、我々は実現しなかったが第1回の韓国遠征を計画し、40日合宿とした。新4年生19名、3年生6名、2年生12名の37名の参加者となる。我々の同級生19名は、OB会名簿を見ても最大数ではなかろうか。指導者としては阿部、風間、岩室、大島、阿久津、波山先輩が参加してくれた。3月17日、笠原先生がルーマニアから帰国され、合宿に入られた。

第14回東日本学生王座決定戦
5月9日、10日、青山レスリング会館。例年秋に開催される試合が、東京オリンピックの関係で逆になった。1回戦・慶応大10-1、2回戦・農大11-0、準決勝・日大5-4で勝ち進む。日大との対戦が事実上の決勝戦であったが、3年生の活躍により接戦を制した。決勝戦は専修大に10-0で快勝する。以上の結果8年ぷり4度目の優勝を飾る。

国民体育大会 
6月7日〜11日、新潟県。優勝者はフリーフェザー級・森田武雄、ライトヘビー級・青海上、グレコローマンウェルター級・宗村宗二、ミドル級・渡辺保夫、ヘビー級・杉山恒治。

ソ連バルカン遠征
5月17日〜6月25日。コーチ・笠原茂、フリー・斉藤昌典、阿部一男、グレコローマン・大橋紀夫、風間貞夫、波山竜美。

全日本学生王座決定戦
7月1日、関大体育館、明大11−0関大で圧勝する。試合前には名古屋、岐阜、大阪を転戦し、各地でのOBの方々に熱い歓迎を受ける。

夏季強化合宿
7月30日〜8月18日、生田合宿所。例年学校を離れて合宿を行なっていたが、何もかも東京オリンピックの年ということで例外の開催となった。

全日本選手権兼オリンピック最終予選会
8月21日〜25日、駒沢体育館。各級の優勝者は、フリーウェルター級・渡辺保夫、ヘビー級・斉藤昌典、グレコライト級・宗村宗二、ウェルター級・風間貞夫、ミドル級・波山竜美、ヘビー級・斉藤昌典。

全日本学生選手権
9月11日〜13日、青山レスリング会館。優勝者はフリーフェザー級・森田武雄、グレコローマンライト級・宗村宗二。

第18回東京オリンピック
10月10日〜14日、駒沢体育館。フリーウェルター級5位に渡辺保夫。風間貞夫、杉山恒治、斉藤昌典が出場。

関東大学リーグ戦
10月24日〜11月22日、青山レスリング会館。明大9-2早大、明大9-2専大、明大8-2法大、明大6-3中大、明大(内容勝ち)4-4日大。

事実上の決勝戦となったが、日刊スポーツによれば、笠原監督は「みんなよくやってくれたが、主将の森田が中心になってよくリードしてくれた」といった。森田はオリンピック代表選考に当たってはアニマル渡辺長武(中大出)の影になり、その存在は忘れられた形だった。しかし、渡辺がいなかったら当然代表に選ばれていたはずである。その地味な努力家キャプテンを中心に重量級でグレコローマンのワザが抜群の宗村と、五輪代表の斉藤が渡辺とガッチリ肩を組んだ。どたん場で逆転に成功し、薄水の勝利を収めたのは、最後まで試合を捨てないチームワークのよさにあったのだろう。

「日大はフライ級に金メダルの吉田、ミドル級に佐々木(五輪5位)、それに福田、阿部、伊藤と5人の図抜けた選手を持っている。しかし、ほかは穴だらけだった。それに比べうちは、ツブで日大にかなわないが、軽量級の弱点を重量級でカバーするムラのなさがあった」

笠原監督は日大と比べ“和”のよさこう説明した。森田主将は「4年生はともかく河内(1年)、宗村、渡辺、板橋(以上3年)ら下級生が伸びてくれたから、それに肋骨を痛めながらがんばった池田(前年の世界選手権2位)もよくやった」と言った。だから前半3-0とリードされても「必ず盛り返す自信があった」そうだ。それに渡辺(ウェルター級)斉藤(ヘビー級)の二人が五輪代表になったことも、全員の士気を高めるのに役立った。

春の王座決定戦に続き日大、中大を破ってリーグ戦で優勝したのは、実に2年ぶりだが、ともあれ明大勝利は“和”の勝利といってよい。

(11月22日“日刊スポーツより”明大9-1日体大)

 
我々は日体大戦を最後に1年間を終了したが、東京オリンピックの年、創立30年という記念すべき年に、春秋完全優勝の結果を残すことができた。しかし、全日本学生対抗グレコローマン選手権大会が開催されず、我々は三冠王の夢を砕かれた。山方や大石、高樹、菅野、宗村、藤井、斉藤とグレコの専門家を多数有する本学にとっては、先輩たちが成し遂げた3連勝の記録をどうしても引き伸ばしたかった。1年間を振り返り、我々が立派な成績を残すことができたのは、52名という大部隊が結束し、個人個人が自分の役割を果たした結果であり、これが春秋完全優勝に結びついた。また、阿部先輩をはじめ、多くの先輩がよく道場に出向いて指導に当たってくれた。自分たちの努力もさることながら、多くのOBの協力に心より感謝したい。
リーグ戦で活躍する森田武雄
昭和39年(1964)
  出来事
  ○ 王貞治、本塁打55本の日本新記録
  ○ 東海道新幹線(東京−新大阪)開業
  ○ 東京オリンピック
 

○ 女子バレーボールチーム金「東洋の魔女」

  ○ 酒類全面自由価格に
  流行語
  ○ アイビー族
  映画
  ○ 砂の女
  流行歌
  ○ 幸せなら手をたたこう


明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
3月 イラン遠征
東京オリンピック開催の年を迎え、協会もいよいよ強化訓練の追い込みに入った。
4月 東京オリンピックのグレコローマンスタイル代表第1次選考会が青山レスリング会館で開催。
  東京オリンピックのフリースタイル代表第1次選考会が青山レスリング会館で開催。
ミドル級の有力候補佐々木(日大)が阿部一男に完敗する波乱があった。
5月 フリースタイル22人、グレコローマンスタイル19人の第1次候補選手発表
7月

王座決定戦
優勝=明大
明大が11-0と関大を一方的に破り、8年ぶり4度目の優勝を果たす。

8月 東京オリンピック・レスリング選手団役員5名発表。
全日本選手権大会兼東京オリンピック代表最終選考会が駒沢体育館で開催。
  全日本選手権大会
<フリースタイル>
ウェルター級 渡辺保夫  優勝
ヘビー級   斉藤昌典  優勝
<グレコローマンスタイル>
ライト級   宗村宗二  優勝
ウェルター級 風間貞夫  優勝
ミドル級   波山竜美  優勝
ヘビー級   斉藤昌典  優勝
  東京五輪最終選考会
笠原茂がグレココーチに、フリースタイルでウェルター級の渡辺保夫、ヘビー級の斉藤昌典、グレコローマンでウェルター級の風間貞夫、ヘビー級の杉山恒治が代表選手に選出。
9月

全日本学生選手権大会
(青山レスリング会館)
オリンピックの代表選手は万一の事故を考えて不参加。
フェザー級  森田武雄  優勝
ライト級   宗村宗二  優勝

10月

第18回オリンピック東京大会開幕
レスリング代表は栄光の金メダル5個獲得
<フリースタイル>
フライ級  吉田義彦 (日大)
バンタム級 上武洋次郎
(オクラホマ州立大)
フェザー級 渡辺長武 (中大)
<グレコローマンスタイル>
フライ級  花原 勉 (日体大)
バンタム級 一口政光 (関西大学)

  <フリースタイル>
ウェルター級 渡辺保夫  5位
ヘビー級   斉藤昌典  出場 
<グレコローマンスタイル>
ウェルター級 風間貞夫  出場
ヘビー級   杉山恒治  出場
10月 東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=明大
明大が6戦全勝で2年ぶり9度目の優勝を飾る。
(2位=日大、3位=中大)

 第14回東日本学生王座決定戦準決勝
 明治大学 × 日本大学
 フライ級
  高橋武信 判定 猟場
  相山紘治 フォール 吉田
 バンタム級
長門靖彦 判定 小松  
  池田博志 判定 福田
 フェザー級
佐藤隆夫 判定 津々良  
  池田 正 引き分け 天地  
 ライト級
○  板橋勝治 フォール 阿部  
  森田武雄 引き分け 新発田  
 ウェルター級
宗村宗二 判定 伊藤  
  ミドル級
渡辺保夫 判定 遠藤  
 ライトヘビー級
  斉藤昌典 判定 佐々木

 関東大学リーグ戦
 明治大学 × 日本大学
 フライ級
  高橋武信 判定 鈴木
  相山紘治 フォール 吉田
 バンタム級
  池田博志 判定 福田
  北尾久雄 引き分け 斉藤  
 フェザー級
森田武雄 フォール 津々良  
佐藤隆夫 フォール 八百坂  
 ライト級
  板橋勝治 判定 阿部
  河内政彦 引き分け 伊藤  
 ウェルター級
宗村宗二 フォール 馬渕  
  ミドル級
  渡辺保夫 引き分け 佐々木  
 ライトヘビー級
斉藤昌典 判定 遠藤  

歴史に残る完全制覇を成し遂げた猛者達

昭和40年卒
大西邦明

 1964年の春秋両リーグ戦、グレコローマン大会とも優勝を成し遂げ、我が明大レスリング部は、学生の頂点を極めました。この年は、東京オリンピックの開催で国を挙げて盛り上がり、中でもレスリングは多数のメダルの期待に応え、金5個、銅1個と好成績を上げました。また、東海道新幹線が10月1日に開業された年でもあり、世の中の流れが大きく動き、変革と躍進が求められている時代を迎えておりました。

森田武雄キャプテンが誕生したのは、まさにこの時代でありました。4年生20名、総員49名、監督は56年メルボルンオリンピックのレスリング銀メダリスト、明大講師の笠原先生でした。まず勝因の一つは、誰もが認める森田キャプテンの存在です。日本の歴代五輪、世界チャンピオンの中でも、寝技の強さはメルボリン五輪優勝の笹原正三氏と森田の2人が双璧といわれ、東京五輪は逃したものの、1969年の世界選手権で見事優勝しています。完全制覇はその森田キャプテンが笠原先生以下、50名の信頼を得て結束に導いた功績に尽きると思います。

試合は青山レスリング会館で開催されましたが、明大選手団の入場の瞬間は未だに興奮を覚えます。明大の一員として胸を張れました。会場のざわめきが一瞬にして静まり返り、マットの上を走る足音だけが心地よく聞こえ、準備運動が始まると号令がリンリンと響き、各選手とも神々しく見えました。

その時の下級生の行動も、全員の連携、的確な指示、応援にお見え頂いた諸先輩方の誘導、態度、減量選手に付き添う配慮等見事であり、これは芸術だとさえ思える流れでありました。

第2の勝因は、これまでに諸先輩方が築かれた明大魂、明大の伝統のお陰です。それは全日本、世界チャンピオンを輩出すべく豊富な練習量であり、勝利のための闘争心であり、またチームプレーです。私事で恐縮ですが、一流を目指す皆さんとの出会いによって多少なりとも授けて頂いた不屈の精神が、社会人となって仕事へ挑戦する際にも役立ったことを感謝しております。

岡山県笠岡市合宿
昭和36年 夏季合宿 阿蘇登山記念
 
第3には、4年生の全員の個性が発揮され、思う存分戦えたことです。まず、フライ級。相山紘治はスタイリストで均整がとれ、計量は常にパス、ポイントゲッターとして活躍。高橋武信は一見ひ弱なイメージながら勝ってしまう、女性なら支えてあげたくなるタイプ。原田進次は通常バンタムながら、時には10キロ以上も減量するという、表情からは想像できない秘めた闘争心の持ち主。

バンタム級は大激戦。筆頭に長門靖彦。キャプテン補佐同様の存在だった。東京オリンピック予選決勝で、金メダリスト市口さんに惜しくも敗れた山方隆美。北尾久夫はポーカーフェイスながら気遣い満点。彼の意見調整には誰もが従った。名門新潟からは歌はプロ級の渋谷松男。河村八郎は温厚で人を和ませた。大阪市立高校から那須茂。正統派タックルの持ち主で、キャプテンを崇拝。高樹棟男はセンスの良さでグレコで活躍。
昭和37年 岡山県笠岡市合宿
 
大西四郎は東京育ちで柔道より転進。国際派で語学が得意。卒業後はニューヨーク永住。横須賀からは相撲出身の吉田英明。よくよく話をすれば横浜育ちの都会派。菅野一未は非常に強かったが、レスリングよりも男前というか気風のよさが印象的な人気者。佐藤隆夫はポイントゲッター。我が道を行く信念を持ち、レスリング道は真面目で手抜きなし。館林からは程原健。1年時からレギュラーで強かった。後半腰を痛め残念、無念。北海道からは山谷靖彦。体力と根性の持ち主。卒業後、交通事故で失明するも、事業家としてますます盛ん。金子はハンドボールから転進のさわやかタイプ。斉藤昌典は卒業後、新日本プロレスで活躍。

この強者達で、1964年明大は歴史に残る完全制覇を成し遂げたのであります。


<昭和39年度 最上級生部員>
相山紘治(フラィ級)
高橋武信(フラィ級)
河村八郎(バンタム級)
長門靖彦(バンタム級)
那須 茂(バンタム級)
山方隆美(バンタム級)
原田進次(パンタム級)
大石四郎(フェザー級)
北尾久夫(フェザー級)
佐藤隆夫(フェザー級)
森田武雄(フェザー級)
大西邦明(フエザー級)
渋谷松男(フェザー級)
吉田英明(フェザー級)
菅野一未(ライト級)
高橋棟男(ライト級)
程原 健(ミドル級)
山谷靖彦(ミドル級)
斉藤昌典(ライト・ヘビー級)
 

 

前
S38年
カテゴリートップ
隆盛編
次
S40年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.