明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和40年 今の仕事に生かされた当時のマネージャー業
 
我が楽しき青春時代

昭和41年卒
今道 卓
 
 
昨年夏以降、犬の散歩にかこつけて早朝の散歩を開始した。この半年でようやく3kgの減量。しかし、現役時代の減量には及びもしない。

さて、タイムスリップをして40年前の私はと言うと、1月の高校期末テストの後、生田の合宿所に泊めてもらい入学試験に取り組む。高校の卒業式には帰れそうもない。

入学が決まった。今日は3月31日。明日はクラブの歓迎会。今日までが高校生扱いで、明日は1年生扱いになる。白井先輩が明日からは厳しくするぞといって酒(焼酎)を飲ませてくれた。

4月1日、本日は雨。野外での歓迎会が出来ないため、道場のビニールマットの上での酒宴となった。上級生は酒、ウイスキー、ビール、1年生の前には酒(合成酒)が一人1本(1升)割り当てられていた。今日は大変だ。宴の後、1年生の我々は、酔っ払ってグロッキー。しかし、明日はこの道場で練習だ。掃除は当然1年生の仕事。窓をあけ、ビニールマットの雑巾がけ。

レギュラーが決まり、リーグ戦の準備が始まった、私は梶川先輩の付き人。練習の後、先輩について新宿歌舞伎町へ。遊びに行くのではない、新宿トルコ(大衆サウナ)で今日も減量だ。

蒸し風呂(当時はサウナではなく蒸気風呂)の中でマッサージ。「先輩、すいません、ちょっとトイレに」。出した汗の分の水分を、外で補給して戻る。またマッサージの続き。しかし、噴出してくる汗は止まらない。とたんに拳固がゴン。ああ、ばれていた。

今日は午後の授業。急に休講になった。道場に行かなくては。しかし、耳がわいて体調が今ひとつ。よし、渋谷で映画にしよう。夜消灯前、先輩に「渋谷で何をしてたのだ」と。「ええ!」と私。顔が真っ青に。「何だホントに渋谷で遊んでたのか」と、また拳固がゴン。

フランス語の単位が心配だ。体操部のO君と角瓶1本下げて、夜Y教授の自宅を訪問。教授「よく来た。強い方が良、弱い方が可だ」。持っていった角瓶はすでになく、教授の家のブランデーまで飲ませてもらい、もちろん二人とも単位はOK。

2年生の春のリーグ戦は終わった。今日は日曜日。練習も休み。岩上先輩、白井先輩が「今道、きょうは俺たちに付き合え」。私「ハイ」。何のことはない。朝から晩まで、座布団の上で花札勝負。昼飯、晩飯はチキンラーメンでした。

2年生の前期終了後、親父から速達が届く。教務課から親父宛の手紙が入っており、そこには「このままでは留年もありえる」と。「もう少し真面目にやれ!!」という、親父の声が聞こえた。

3年生でサブマネージャー、4年生でマネージャー。この仕事にひとつに「推薦書」書き及び教授へのお願い訪問があった。「右のもの当部の有力選手のため、試合、合宿、遠征等、母校のため頑張っています。なにとぞ単位についてはご配慮を」。このときの仕事が、今の仕事に生かされています。(現在、生命保険会社勤務)

4年生。前年までの王座決定戦は、関東関西の代表校の2校で決めていた。今年は学連委員長として、駒沢体育館を借り切って全国の大学を集め、トーナメント王座決定戦を行なうことにした。明治は順当に勝ち上がった。決勝。日大と4-4-3引分。計量数で敗れる。残念無念。

3年生から取っていたゼミが、4年生のときに土曜日の午後に変更された。春・秋のリーグ戦、その他いろいろな試合が土日に計画されいる。ゼミの出席は無理だ。困った。教務課に相談。教務課曰く4単位の授業で単位をとれ。なんと論文を書かずに卒業しちゃった。

「はい、今道卓は
明治大学体育会レスリング部卒業です」


<昭和40年度 最上級生>
池田博志(バンタム級)
今道 卓(バンタム級)
池田 正(フェザー級)
板橋勝治(ライト級)
宗村宗二(ライト級)
遠藤順治(ライト級)
渡辺保夫(ミドル級)
菊池力之(ミドル級)
昭和40年(1965)
  出来事
  ○ 日韓条約推進
  ○ 名神高速道路全開通
  ○ ベトナム戦争北爆開始
  ○ 野村克也三冠王
  ○ 通勤ラッシュ極限に
  流行語
  ○ マイホーム、モーレツ社員
  映画
  ○ 赤ひげ、荒野の用心棒
  流行歌
  ○ 柔


明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
5月

東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=中大
明大=3位

6月 フリースタイル世界選手権大会がイギリスのマンチェスターで開催。東京オリンピックとはガラリ変わった選手団で監督は堀口武、マネージャー兼審判で田口美智留が参加。
フェザー級   森田武雄  3位
ウェルター級  渡辺保夫  3位
ミドル級    殿村明大  7位
  グレコローマンスタイル世界選手権大会がフィンランドのタンベレで開催。
ライト級    宗村宗二  4位
  協会広報誌が一時中断し、再び復刊。
昭和39年7月に第22号が発刊されてから中断し、昭和40年6月に第23号が復刊
7月 八田一朗会長が自民党公認で全国区より参院選に立候補し、見事当選
 

全日本選手権大会
<フリースタイル>
ライト級    河内政彦  優勝
ウェルター級  渡辺保夫  優勝
<グレコローマンスタイル>
ライト級    宗村宗二  優勝

8月

全日本学生選手権大会
(青山レスリング会館)
<フリースタイル>
ウェルター級  渡辺保夫  優勝
ミドル級    鈴木協夫  優勝
<グレコローマンスタイル>
フェザー級   高橋建介  優勝
ライト級    宗村宗二  優勝

9月 ソ連遠征
10月

王座決定戦
優勝=日大
明大=2位



昭和37年
春のリーグ戦終了後クラブ全員で伊東へ
当時の1年生 右から渡辺、菊池、今道、
遠藤、池永、板橋、盛岡、池田(博)、守村、池田(正)

昭和40年夏
左・主将 渡辺保夫
右・主務 今道 卓
 

 

前
S39年
カテゴリートップ
隆盛編
次
S41年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.