明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和46年 環境を整え、栄養をつけさせるには、お金が必要

笠原先生の想い出…ある夏の日のOB訪問

昭和47年卒
松本太郎




 
卒業して今年で丁度30年。今にして思えば柳田先輩や後輩の和田選手、宮原選手、その他あまたの有名選手と4年間寝食を共にしたことが、夢としか思われません。

私が1年生になった昭和43年は、前年度1部リーグ優勝の明大が、あれよあれよという間に最下位となり、入替戦まで国士舘に敗れ、遂には2部落ちするという名門明大レスリング部史上、また監督・現役にとっても苦難の始まりの年でありました。この1年間のことは、今でも鮮明に思い出されます。

さて、私は東京オリンピック・ナショナルコーチの笠原茂先生に憧れ、秋田高校から単身明大レスリング部に入りました。高校時代に笠原先生の話から想像していたクラブ生活と、実際のあの合宿所生活とはいささか隔たりがありました。リーグ戦の終わった6月末、クラブをやめて退学しようかと思い、学生相談室へ行ったことがありました。そのことが笠原先生の耳に入り、夏の富山合宿の時、先生の部屋に呼ぱれ「太郎君はねェ、勉強できる環境のときはレスリングをやったり、レスリングに最適な環境のときは勉強したいなんてねェ、一生どこへ行っても中途半端になるよ」と論されました。道場や合宿所にいるときの先生は、確かに初対面の印象とは違う人でした。しかし、二人きりになると最初のイメージ通りの笠原先生でありました。そのギャップが何ともユニークで、どちらが本当の先生なのか戸惑いながらも、先ずはついて行きました。

私は、3年生になると48kgまで体重が落ちなくなり、マネージャーを志願しました。その時先生は、「太郎君ねェ、クラブを強くすることは簡単ですよ。強い選手をいっぱい集めて最高の環境を与え、栄養をつけさせるんですよ。そのためにはお金が必要なんですよ。ついて来なさい」といって、夏の土曜日の昼過ぎ、生田を出てOBへの挨拶廻りに出掛けました。赤羽、川口方面でした。夜になるとお酒が出されました。先生は、次のOB宅に行く途中に「太郎君、見てなさいよ」といって、暗がりの道端で口に二本指を突っ込んで前のアルコールを全部吐き、またOB廻りを続けました。「ねェ、太郎君ねェ、お金を頂くことは大変なことなんだよ」と言ってました。その時先生、37歳。

翌昭和46年春、私は体育課の早乙女課長から強引過ぎると注意を受けながらも、全部員と力を合わせ、今は亡き石田選手を中大の手中から土壇場で横取りしました。結果、高校チャンピオン3名を含む9名が入学しました。翌昭和47年、熊坂主将は彼等を戦力として王座優勝を果たし4年目にして遂に名門復活を成し遂げてくれました。

しかし、既に私はその場面におりませんでした。諸先輩には肩身が狭く、笠原先生には苦しい時に現役選手としてお役に立てなかった事を、今でも申し訳なく思っております。 <昭和46年度最上級生部員>
松本太郎 (48kg級)
小笠原勉 (57kg級)
岩山喜代司(62kg級)
中野康次 (62kg級)
安山幸太郎(68kg級)
渡辺直樹 (90kg級)
昭和46年(1971)
  出来事
  ○ NHK全番組をカラー化
  ○ プロボクシングの輪島功一
世界ジュニアミドル級チャンピオンに
  ○ 大久保清、連続殺人事件
  ○ 三里塚強制代執行で紛糾
  ○ ニクソンショック
  流行語
  ○ ゴミ戦争、ニアミス
  映画
  ○ ベニスに死す
  流行歌
  ○ また逢う日まで


明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
1月 ルールが改正され、円形マットを採用
5月

東日本学生リーグ戦 1部
(早大記念堂)
優勝=日体大
日体大は昭和21年秋に加盟して以来、
25年で初優勝
明大=4位

6月 全日本選手権大会が世界選手権代表決定戦とミュンヘンオリンピック予選会を兼ねて東京・両国の日大講堂で開催。
結果、フリースタイルでは大学選手は1人も優勝することはできなかった。
<フリースタイル>
57kg級   柳田英明   優勝
8月 世界選手権大会がブルガリアのソフィアで開催
<フリースタイル>
57kg級   柳田英明   優勝
世界2連覇達成
9月

全日本学生選手権大会
(駒沢体育館)
48kg級   斉藤喜慶   優勝
62kg級   宮原 章   優勝
90kg以上級 熊坂勇一   優勝

10月

王座決定戦
優勝=日大
明大=3位


 
昭和46年 夏 仙台合宿

 

 

前
昭和45年
カテゴリートップ
奮戦編
次
昭和47年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.