明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和53年 目の当たりに見せつけられた、子供と大人の違い
 

一味違った青春の思い出

昭和54年卒
田中 量


 昭和50年3月、季節の変わり目。春うららかな季節の中、私は期待と不安な気持ちに駆られなから青春の第一歩を踏み出すべく、胸をワクワクさせて新潟駅から電帽こ揺られて上京したことが、昨日のことのように懐かしく思い出されます。同じような輩が当時は4人おりました。(部員の出入りが激しく、最終的には5人に落ち着きました)

学業とスポーツの両立を念頭に精進するはずでしたが、なかなか人生思うようにいかないものですねー。レスリング生活での日常、特に練習においては一つ一つが内容の濃い動作の連続でした。一糸乱れぬ準備運動(手の指先、足の伸びが少しでもずれていようものなら、夜のミーティングが待っている)は、高校とまったく違い、個人の自覚のもとに練習を行う大学生は、「さすが!」と思わせるものがあり、子供と大人の違いのすごさを目の当たりに見せつけられた一面でした。(あとで他大学の部員達に間くと、明治の準備運動と整理運動は特別であったらしい)

さらに、朝練習のロードワークのコースは急勾配の坂道が多く、ほとんど最初から最後までついていくことができなくて、号令(先輩の左足からイチニイホイサで始まり……登りはずっと掛け声を続ける)は常に田部井、相沢が先輩の足の動きに合わせて行っていたのを覚えています。(二人には本当に感謝してます)厳しい練習の内容については、他の体育会とは比較にならず、挨拶はもとより一つ一つの動きにも先輩の容赦ない鋭い眼光が光り、我々下級生の一挙手一投足をさらに硬直させたものです。そのおかげで、夜のミーティングが幾度となく開催されました。ステージは合宿所の屋上、やや固めのコンクリートの上で、先輩からのあたたかい激励を、正座をして神妙に聞き入りました。闇夜に光る星座を見ながら心を癒し、先輩の激励に涙したものでした。

試合では、部員数の少ない本学は少数精鋭をモットーに、個々人が持ち前の体力を発揮し、あるいは同僚の相沢のように、体力なくとも素早い動きで相手を翻弄している者もいたりして、全体的に活気のある試合を展開していたように思います。団体で優勝できなかったのが心残り(団体ではリーグ戦ブロック2位2回、3位、4位、大学選手権大会3位2回、4位、5位)ですが、個人的には4年の時に全日本3位に入賞したことがよき思い出として残っています(ちなみに得意技は両足タックルです。おかげで左耳が落ちる寸前まで頑張りました)

また、学業面では持ち前の要領のよさを発揮して、労することなく卒業することができました。が、同時に、自由な時間も手に入れて、一時はアルコール依存症(ただの"酔っ払い")に陥り、選手生命が危ぶまれた時期もありました。しかし、友の看病よろしく、すぐに回復したのです。

本当に私は、学生時代に最高の同僚に恵まれました。群馬の田部井(現在:明治大学監督)、川島秀明(学連副委員長、新潟:巻農業高校)、相沢啓一(自称インターハイ5位、北海道:旭川南高校)、古田健悦(青森:三本木農業高校)等の協力を得ながら、よき先輩、可愛い後輩等とのレスリング生活を通して、人間関係の大切さを学ぶことができました。

何と言っても、当時の恩師である同じ郷里出身の(故)笠原先生には、学業やスポーツだけでなく、人生訓のご高説までいただき、本当に感謝申し上げます。辛くもあり楽しくもあった4年間、明治大学には大変お世話になりました。一般学生であったら、こんな青春はしたくてもできないと思います。(もう一度やれといわれたら困りますか…)今、社会人として地元の建設会社に勤務し、20有余年が過ぎましたが、当時の生田の木造校舎にあった道場、梁を使っての懸垂(頑張りすぎて顎を打ちつけたこともありました)や、道場のキャンバスをくぐってのマットつめ掃除、練習後のコミュニケーションと称した「お好み焼き屋」「焼き鳥屋」「すし屋」等での先輩や後輩との語らいは、終生忘れることのできない思い出です。そして、明治大学体育会レスリング部が、70周年の輝かしい歴史を迎える中で、その1ページを飾る一人として過ごせたことを誇りに思います。同僚の田部井監督には、部員少数の中で大変かとは思いますが、今後ますます頑張っていただきたいと思います。


<昭和53年度最上級生部員>
相沢啓一(52kg級)
田部井茂(57kg級)
川島秀明(68kg級)
吉田健悦(74kg級)
田中 量(82kg級)


昭和53年(1978)
  出来事
  ○ 伊豆大島近海地震、有感地震180回
  ○ NHKにTV電波ジャック
  ○ 初のワープロ販売
  ○ 新東京国際空港(成田)開港
  ○ 空港反対同盟、成田管制塔占拠
  流行語
  ○ 不確実の時代
  映画
  ○ 未知との遭遇
  流行歌
  ○ 青葉城恋唄


明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
4月 ワールドカップ大会開催
(米国オハイオ州トレド)
5月

東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=日大
明大=4位(1部A)

7月 天皇杯全日本選手権大会が世界選手権代表選考会とアジア大会代表選考会を兼ねて東京体育館で開催。
8月

全日本学生選手権大会
(駒沢体育館)
<フリースタイル>
68kg級   宮原 章   優勝

 

世界選手権大会
(メキシコシティ)
68kg級   宮原 章   2位

10月

王座決定戦
(代々木青少年スポーツセンター)
優勝=日体大
明大=4位以下

11月 第4回内閣総理大臣杯全日本大学選手権大会が開催。
優勝=日体大
明大=4位以下
<個人戦>
57kg級   田部井茂  3位
90kg以上級 小松 浩  3位
12月 第8回アジア競技大会がタイのバンコクで開催。
レスリングはフリースタイルのみが行なわれた。
68kg級   宮原 章   2位  

 

前
昭和52年
カテゴリートップ
奮戦編
次
昭和54年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.