明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和55年 20年以上たっても鮮明によみがえる1年の時の記憶
 

明治大学レスリング部の体験談

昭和56年卒
西井正喜

 
明治大学レスリング部での4年間で、もっともよく思い出すことは、やはり苦しかった練習のことや合宿場での生活のことであるが、その中でも、特に1年生のときのことは、20年以上たった今でも鮮明によみがえってくることがある。

苦しかった練習の中でも、朝のランニングのことが特に印象に残っている。あまり長距離を走るのが得意でなかったこともあり、坂道ではいつも遅れていた。急な坂道や長い階段が多いのには嘆いたものだった。
路面がぬれているということで、朝練が中止になると、たいへんうれしかったものである 。

食事当番は初めての経験だった。メニューを考えたり、ご飯の水加減、風呂の湯加減、ハムエッグの焼き加減など、たいへん気を使ったことを思い出す。

門限に遅れて坊主になったこともあった。合宿所の屋上での正座もきつかった。
先輩の洗濯物を乾かすのに苦労したこともあったが、途中でコインランドリーができたのはありがたかった。

9月の合宿のとき、途中で合宿所をぬけ出したことは、苦しい思い出として残っている。

1年生が終った時点で、大学の単位が14単位しか取れずにショックを受けたこともあったが、無事に4年間で卒業できたのはよかった。

苦しかったことばかりのように思われるが、いろいろ楽しいこともあった。土曜日に門限がなくなると、新宿までくり出して酒を飲んだりして、朝まで過ごしたこともあった。合宿所の近くの飲み屋でホッピーを飲んだこと、雀荘で麻雀をしたこと、キャバレーに行ったこと、焼き肉屋や床屋のおっさんのこと、アルバイトのこと、などなつかしく思い出される。大会や合宿などでみんなと一緒にいろいろな所へ行けたのも楽しい思い出になっている。

いろいろなことが思い出されるのであるが、自分自身、肝心のレスリングが思ったような成績を上げることができず、悔いが残っている。2年生の途中から主務の仕事をすることになったが、この仕事を引き受けたことも、あとから後悔したものである。

引退して卒業が近づいたが、就職も決められず、明治大学の聴講生として教員の免許を取ることになった。部活動の顧問をしてみたいというのも一つのきっかけであった。農学部と言うことで、理科の免許しか取れなかったことから、採用試験に合格するのは無理かもしれないと思っていたが、27歳の時に、三重県の中学校の採用試験に合格することができた。教員の仕事はレスリングの練習のきつさとはまた違ったきつさもあり、やめようと思ったこともあったが、現在も何とか教員を続けている。部活動では、レスリング部ではないが、女子バスケット部の顧問として、県大会に出場することもできた。

明治大学レスリング部が70周年と言うことであるが、入学する前は明治大学レスリング部のことをよく知らず、入学してから、金メダリストなど、数々のすごい選手を輩出してる伝統のあるレスリング部であることを知って驚いたものである。



<昭和55年度 最上級生部員>
細川晃二(52kg級)
石原宗良(57kg級)
茅原邦弘(57kg級)
東野浩和(57kg級)
麦倉重男(62kg級)
西井正喜(68kg級)
西塚賢一(90kg級)
大林裕明(90kg以上)



昭和55年(1980)
  出来事
  ○ ソ連のアフガン介入で
日本もモスクワ五輪不参加
  ○ イエスの箱舟でハーレム疑惑
  ○ 東京で1億円拾う
  ○ イラン・イラク戦争
  ○ リクルート、学生名簿売却
  流行語
  ○ カラスの勝手でしょ
  映画
  ○ ツィゴイネルワイゼン
  流行歌
  ○ ダンシング・オールナイト


明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
3月 ソ連のアフガン侵攻に抗議し、モスクワオリンピックボイコットの声がアメリカを中心に起こり、世界のスポーツ界はもとより日本も大揺れに揺れた年であった。
  ワールドカップ大会開催
(米国オハイオ州トレド)
4月 天皇杯全日本選手権大会兼モスクワオリンピック代表選考会が東京都体育館で開催。この2日前の4月25日、日本政府は「五輪不参加」を正式に決定した。
<フリースタイル>
62kg級   多賀恒雄   優勝
68kg級   宮原 章   優勝
「幻のオリンピック選手」と呼ばれた。
5月

東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=日体大
明大=3位(1部A)

8月

全日本学生選手権大会
(駒沢体育館)
<グレコローマンスタイル>
90kg級   西塚賢一   優勝

9月 カナダカップ大会がサンダーベイで開催。
モスクワオリンピックをボイコットした米・カナダ・日本と、参加したハンガリーとの間で行なわれ。カナダ選手権大会の様相を呈していた。
<フリースタイル>
62kg級   多賀恒雄   
68kg級   宮原 章   優勝
10月

王座決定戦
(オリンピック記念青少年総合センター)
優勝=日体大
明大=4位以下

11月 第6回内閣総理大臣杯全日本大学選手権大会が開催。
優勝=日体大
明大=4位以下
<個人戦>
90kg級   西塚賢一   3位
12月 第2回世界アマチュア・レスリングスーパーチャンピオン・タイトルマッチが名古屋商科大学体育館で開催。
参加国はアメリカ・ハンガリー・ポーランド・ブルガリア・日本の5ヵ国で、ソ連は不参加。
昭和55年
4年生のときの納会にて
昭和55年8月
館林高校での夏期合宿(4年時)

 

前
昭和54年
カテゴリートップ
奮戦編
次
レフリー旅日記 田口 美智留 「八田一朗という人」

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.