明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ

 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和56年 レスリングと正面から向き合っていたあの頃
 

もうふた昔も前のこと…
でもそこがあったから、今がある

昭和57年卒
橋本伸幸

 「起床一っ」「起床ーっ」「起床一っ」ドンドンドン。
「失礼します。起床ーです」5階の階段を上がった踊り場で、声を嗄らしながら4つの部屋を回りました。奥はトイレになっており、その横に無造作に洗濯機が置かれてあったように思います。くたびれた2槽式の洗濯機から滴る水を目にするたびに、何か言いようもない寂しさを覚えました。昼間でも薄暗かった部屋の二段ベッドの奥の柱に「人生六十年のうちたった一年間だ。たった一年間、頑張ればいいんだ。今は苦しくても‥。」と書かれた文字を見つけたとき、何だか元気づけられたような気になりました。苦しいのは自分だけじゃない。そんな言葉で自分をなぐさめました。

今でも、時々当時の夢を見ることがあります。先輩の練習着が乾いてなくて焦っている自分。ごはんが焦げてしまって、どんぶりを手に呆然としている自分。食当を忘れて眠りほうけている自分。試合当日に体重が落ちていなくておろおろしている自分。いつも途中で目が覚めてホッと胸をなでおろします。20数年の月日がたっても夢に見るほど自分にとって強烈な生田合宿所の4年間だったのでしょう。久しぶりに、本箱の片隅に置いてある当時の日記帳を開いてみました。

「‥昭和五十四年十二月一日(金)晴れ十一月二十七日、二十八日、二十九日、三十日は東日本新人戦へ向けての減量のために日記を書くことができなかった。そこで、四日間を振り返ってみる。
二十七日は小田急満員電車で参宮橋に行く。ちょうど自分が食当。五時半に起きる。300gオーバー。それで雨の中を〈チンタラ坂〉にランニングに行く。この日、自分の試合なし。
二十八日。この日は国士大の中村との試合。10対0で勝つことかできる。二試合目は八工大の畑中。彼は第三十一回国体のグレコの優勝者。緊張したがなんとか勝つことかできた。
決勝は勝崎。自信はあったのだが1ラウンドフォール負け。惨め。悔しい。今まで何のために練習してきたんだ。自分に腹立たしい。
二十九日。この日も満員電車。イヤダー。この日は、昨日負けている双子の弟の方の勝崎と。雪辱を果たすことができた。
三十日。一試合目。国士大の谷。快勝することができ嬉しい。二試合目大東の西さん。和歌山遠征ではお世話になった。6対2で辛くも逃げ切る。
決勝。またしても勝崎が相手。1ラウンドは7対1でリードされる。もうだめかと思ったが、3ラウンドの1分過ぎに同点に追いつき、その後リ一ドすることができた。逃げ回りの試合が多い自分としては、今回 の大会では新しい自分を発見できたように思う。諦めなくて本当によかった。・・・」

今思うとレスリングと正面から向き合っていたんだなあと思うとともに、目標を持って毎日を送っている自分を見つけることができ嬉しくなりました。学生時代は、先輩方の輝かしい栄光を傷つけまいと練習に励みました。何とかリーグ戦で1部に残ることかでき、胸をなでおろした記憶があります。個人的には最後の4年生でインカレをとる事ができ満足しています。

3年前に、生田の「安ちゃん」で同期の菊池と久しぶりに酒を酌み交わしました。彼の結婚式以来20年ぶりの再会でした。細川先輩も昔のままでした。生田の町並みは随分変っていましたが、娘さんの智子さんに車で案内してもらうと、昔の懐かしい匂いが残っているところがたくさんあり涙が出そうでした。昨年はこれも同期の黒岩を群馬の草津に訪ねました。

いつも昔を思い出しながら、日々の生活を送っているわけではありません。逆に日常の忙しさにそのころを振り返ることはほとんどありません。しかし、生田での4年間は今の自分の生き方の本質に関わる重要な時期であったことは紛れもない事実です。

その時代に共に生き、関わってくださったたくさんの方々の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

 

<昭和56年度 最上級生部員>
橋本伸幸(48kg級)
工藤久司(62kg級)
菊池英利(74kg級)
笠松秀介(82kg級)
黒岩栄三(90kg級)
 
昭和56年(1981)
  出来事
  ○ スペースシャトル打ち上げ
  ○ ビニ本摘発
  ○ 青少年犯罪激増
 

○ 中国残留孤児来日

  ○ 英・チャールズ皇太子、ダイアナ嬢と結婚
  流行語
  ○ なめんなよ、クリスタル族
  映画
  ○ エレファントマン
  流行歌
  ○ ルビーの指輪


明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
1月

1月1日から新ルールが適用。
新ルールは、
.函璽織・レスリング(活動的な試技)
▲罐縫凜 璽汽・レスリング
K糎雲(果敢な技術展開)
の3つを理念とし、試合時間は3分間2ピリオド。この6分間を休みなし、互いに攻撃しあって消極的な試合をなくそうというものである。逃げれば警告が与えられるのはもちろんのこと、攻めないでいるだけでも警告を与えられ失格とされる厳しいものである。勝者には勝ち点5点が与えられ、選手の順位は勝ち点の合計で争われる。

5月

東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=日体大
明大=4位(1部A)

7月 天皇杯全日本選手権大会が世界選手権大会とロサンゼルスオリンピック代表第1次選考会を兼ねて駒沢体育館で開催。
  ユニバーシアード夏季大会がルーマニアのブカレストで開催。
8月 グレコローマンスタイル世界選手権大会がノルウェーのオスロで開催
 

全日本学生選手権大会
(大阪府立体育館)
<グレコローマンスタイル>
48kg級   橋本伸幸   優勝

9月 フリースタイル世界選手権がユーゴスラビアのスコビエで開催。
 

王座決定戦
(駒沢体育館)
優勝=日体大
明大=4位以下

12月 第7回内閣総理大臣杯全日本大学選手権大会が開催。
優勝=日体大
明大=4位以下
<個人戦>
48kg級   橋本伸幸   3位
 

 

カテゴリートップ
再興編
次
昭和57年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.