明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和59年 4年間、飽きずに食べた変わることのない朝食
 

忘れ得ぬ中南米コロンビア、ベネズエラヘの遠征

昭和60年卒
中本恵介

 明治大学体育会レスリング部70年史発行にあたり、昭和60年卒を代表し一言、当時の思い出等を述べさせていただきます。

私達昭和56年入学組は、群馬県出身の田口勝之(48kg級)、矢部勉(52kg級)、針ケ谷朝男(62kg級)、千葉県出身の矢羽俊哉(68kg級)、三重県出身の小川広起(90kg級)、福岡県出身の中本恵介(74kg級)の6名でありました。生まれ故郷を離れて初めての合宿所生活(当時部員27名)では午前6時に起床。朝のランニング後の朝食は、食パン2枚にハムエッグとレモンティー。この変わることのない朝食を、4年間よく飽きもせず食べていたものだと懐かしく思い出されます。

厳しかった先輩とのスパーリング、涙した地方合宿、結果を残せなかったリーグ戦や大学選手権等・・・・。我々が在籍中に創部50周年を迎え、水谷部長、笠原総監督、田部井監督、多賀コーチをはじめOB一同が集結した昭和59年には、創部50周年を機して中南米のコロンビアとベネズエラに遠征し、生涯忘れ得ぬ思い出となりました。

我々昭和60年卒組は、永遠に明治大学レスリング部を愛し続けます。



<昭和59年度 最上級生部員>
田口勝之  (48kg級)
矢部 勉  (52kg級)
針ヶ谷朝男 (62kg級)
矢羽俊哉  (68kg級)
中本恵介  (74kg級)
小川広起  (90kg級)


昭和59年9月2〜15日
コロンビア、ベネズエラ遠征
昭和59年12月末 生田総合合宿所にて
昭和59年(1984)
  出来事
  ○ ロスオリンピック開幕
  ○ グリコ事件発生
  ○ 千、5千、1万円の新札登場
  ○ この年、男女の平均寿命が
揃って世界一となる
  ○ NHK衛星放送開始
  流行語
  ○ 財テク、くれない族
  映画
  ○ お葬式
  流行歌
  ○ もしも明日が


明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
3月 ロサンゼルスオリンピック代表第4次選考会が駒沢公園屋内競技場で開催
5月 全日本アマチュアレスリングのグレコローマンスタイル選手権大会兼ロサンゼルスオリンピック代表最終選考会が駒沢体育館と国立代々木体育館で開催。
ソ連、ロサンゼルスオリンピック不参加を表明。

東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=日体大
明大=4位(1部A)

7月 第23回オリンピックロサンゼルス大会開幕
団長で村田恒太郎が参加
8月 ロサンゼルスオリンピックで日本選手大活躍
  女子レスリング世界が認可
 

全日本学生選手権大会
(大阪府立体育館)

9月

王座決定戦
優勝=日体大
明大=4位以下

10月 慶應義塾レスリング部創立50周年パーティーが東京体育館で行なわれた。
11月 第10回内閣総理大臣杯全日本大学選手権大会が開催。
優勝=日大
明大=4位以下
12月 専大レスリング部創立50周年祝賀会が都内のホテルで行なわれた。
  日本の女子レスラー第1号誕生
36歳の体育教師、柔道3段の大島和子さん

 

前
昭和58年
カテゴリートップ
再興編
次
昭和60年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.