明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
昭和62年 3・4年になって感じる「部を守る」というプレッシャー
 

忍耐と努力の4年間の人生体験

昭和63年卒
松本 篤


 明治大学に入学、同時に体育会レスリング部入部、地獄の合宿所生活スタート。

1年奴隷、2年平民、3年天皇、4年神様という上下関係の中、規律は厳しく、練習・挨拶・掃除・食事当番etcがあり、特に1年時の食事当番は、今まで科理の「り」の字も知らない人間が食事を作るのだから、非常に困ったものです。

当時の合宿所の食堂はゴキブリも多く、不衛生な環境の中、加工された食材は使えず、ハンバーグはひき肉を捏ね、コロッケはじゃがいもを練って作らなければなりませんでした。ご飯はガス炊飯器のため火加減が難しく、時々「芯飯」を炊いてしまい、先輩にこっぴどく叱られたものでした。あの不衛生な環境の中の食事で、誰一人として食中毒もなく、おいしく感じられたのは不思議なものです。また、一日の疲れをとる風呂は一番最後なので汚なく、湯船にはとてもつかれないほどでした。

ここに紹介したのはほんの一部分にすぎませんが、1年時は練習、私生活面共に非常に厳しく、よく逃げずにいたと思うほど過酷な1年でした。辛かった1年が過ぎ、1・2年時の先輩から言われるままと違い、3・4年になるに従い私生活面では楽になりました。しかし、今度は部を守るという目に見えないプレッシャーを感じる毎日となり、アッという間に過ぎた4年間でしたが、学生生活に悔いを残さず過ごせたと思います。

現役を退いても諸先輩、同期、後輩とは今も親しく酒を酌み交わし、当時の思い出話等で楽しんでいます。

レスリング部も70年という歴史を刻み、その中の4年間を過ごせた喜びを噛みしめなから、部が永久に存続するよう、微力ながら応援していきたいと思います。


<昭和62年度 最上級生部員>
松本 篤(57kg級)
奥田秀明(62kg級)
松本慎也(68kg級)
松本誠也(68kg級)
高井 聡(68kg級)
小熊宏一(68kg級)
文山勝正(68kg級)
小野信也(82kg級)

 

昭和62年(1987)
  出来事
  ○ ブラック・マンデー
  ○ 国鉄、分割民営化JRに
  ○ 日米で株価乱高下
  ○ 利根川進ノーベル賞
  ○ 日航民営化
  流行語
  ○ 花キン、花モク、フリーター
  映画
  ○ マルサの女
  流行歌
  ○ 愚か者
明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
5月

東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=日体大
明大=6位(1部B)
1・2部入替え戦
明大6-3東京農大
明大1部残留

6月 第1回女子レスリングのオープントーナメント大会がスポーツ会館で開催。
7月 天皇杯全日本アマチュアレスリング選手権大会開催
8月 フリースタイル、グレコローマンスタイル世界選手権大会がフランスのフレルモンフェアンで開催。
  第1回全日本レスリング選手権大会兼第1回世界女子レスリング大会日本代表決定戦が後楽園ホールで開催。
 

全日本学生選手権大会
(大阪府立体育館)

9月

王座決定戦
優勝=日体大
明大=4位以下

11月 第13回内閣総理大臣杯全日本大学選手権大会が開催。
優勝=日体大
明大=4位以下

 
1年 入学式前の春合宿 2年 山中湖合宿にて 3年 沖縄合宿

 

  4年 リーグ戦前の練習風景

 

前
昭和61年
カテゴリートップ
再興編
次
昭和63年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.