明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
平成3年 教訓や自信となって生きているレスリング部で学んだ事
 

入寮は18歳の誕生日の1日前…。

平成4年卒
石井博和


 私が明治大学レスリング部に入部するきっかけは、故笠原茂先生の一言でした。全国大会でそれほどたいした成績を残していない私に、「君のレスリングは面白いからウチに来なさい」と言ってくださり、セレクションを受けることになりました。インターハイが終わり、大学でもレスリングを続けるかどうか悩んでいた時期の私には、神様の一声のようでした、笠原先生には今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、私がレスリング部の寮に入寮したのは昭和63年3月14日のことです。なぜ日にちまで覚えているかというと、私の誕生日が3月15日でその1日前に入寮することになってしまい、非常に憂影だったからです。最初の寮の印象は汚い所だなというもので、特に風呂のお湯が汚く、手をかざしても10センチ下さえも見えない程でした。しかし住めば都という言葉があるように、1ケ月後にはそのお湯で顔を洗っている自分がいました。その後4年間の間にはいろいろな事があり、とても書ききれるものではありません。

試合の成績に関しては満足のいくものではなく、諸先輩方には申し訳ないと思っておりますが、その中で学んだ事は自分の中で教訓や自信となって今でも生きています。やっていた事は苦しい事ばかりでしたが、レスリングに出合って本当に良かったと今は思います。また当時の思い出話で笑い合える同期の仲間がいることは、非常に幸せな事です。

最後に、今年創立70周年ということで原稿を書かせて頂くことにあたり、あらためて自分たちが明治大学レスリング部の歴史の重さを感じております。またその中で一つの時代をすごしてきた事に誇りをもって、これからも頑張っていくつもりです。今後100周年、200周年とさらなる発展を祈っております。

<平成3年度 最上級生部員>
宮内政彦(52kg級)
隅 賢一(57kg級)
石井博和(62kg級)
井手剛生(68kg級)
金子雅史(130kg級)
平成3年(1991)
  出来事
  ○ ソ連邦崩壊
  ○ 東京都庁、新庁舎に移転
  ○ 雲仙普賢岳噴火
  ○ 信楽高原鉄道正面衝突事故
  ○ トレンディドラマ大流行
  流行語
  ○ バツイチ、エコグッズ
  映画
  ○ 無能の人
  流行歌
  ○ 愛は勝つ
明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
4月 フリースタイルのアジア選手権大会がインドのニューデリーで開催
5月 グレコローマンスタイルのアジア選手権大会がイランのテヘランで開催

東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=日体大
明大=5位(1部B)

8月 第3回世界女子アマチュアレスリング選手権大会が代々木第2体育館で開催。監督で堀川哲夫が参加。
9月 グレコローマンスタイル世界選手権がブルガリアのバルナで開催
 

全日本学生選手権大会
(草津総合体育館)

10月 フリースタイルの世界選手権がブルガリアのバルナで開催

王座決定戦
優勝=日体大
明大=4位以下

11月 第17回内閣総理大臣杯全日本大学選手権大会が開催。
明大=4位以下
<個人戦>
52kg級   窪木 浩  優勝
62kg級   松野 繁  2位
 
第47回国民体育大会秋季大会 山形にて

 

前
平成2年
カテゴリートップ
再興編
次
平成4年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.