明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
平成8年 自己形成の大事な時期にレスリングと出合えた幸せ
 

3年間の主将経験から学んだこと

平成11年卒
森 陽保


 明治大学体育会レスリング部創立70周年おめでとうございます。
大学を卒業して早や4年。今思えば学生時代は何でもがむしゃらにできたような気がします。あの頃は、目標を達成するために自分に課したこと、それだけをひたすら一生懸命にやっていました。まだ25年足らずの人生ですが、あのように物事に熱中できた時代は、もう来ないのではないかとさえ思います。自己を形成する最も大切な時期に、レスリングを通して多賀先生、田部井監督をはじめ、諸先輩方に出会うことができた私は、本当に幸せ者だと思っています。

さて、私は平成8年の大学2年時に、部員不足から急遽主将に抜擢されました。必死になって務めたのですが、この年のレスリング部は散々な結果に終わりました。私には重荷だったのですが、その後大学3年時、4年時も引き続き主将を務めました。この両年の部員の活躍は目覚しく、次に書くように誇れるものとなりました。

平成9年(大学3年時)には、新入部員が3名加わって部員は9名になり、1部Bリーグ復活を目指し、春合宿からリーグ戦前まで専修大学へ出稽古の日々を繰り返しました。その結果、1部Bリーグ・2部Aリーグ入れ替え戦で早稲田大学を破り、1部Bリーグに復帰。ようやく明治大学で練習ができるようになりました。また、この年の合宿は縁起がいいと言われている沖縄を選び、国士舘大学との合同合宿。前回の沖縄合宿後のインカレで上位に入られた先輩方か数名おられると聞いていたので、ゲンを担いだのです。合宿後のインカレでは、上位候補の一人を倒し、準々決勝へ進みましたが、準決勝で逆転負け。差は1点でしたが、この1点に泣きました。このときの悔しさが、大学に残り、自分の納得のいくまでレスリングを続けたいというきっかけになり、今の自分かあります。

この年の10月に慶応義塾大学日吉校舎で行われた六大学チャンピオンシップには、昨年の屈辱を晴らすという気持ちで臨み、7階級を6名で戦って全勝優勝しました。法政大学に勝利できたことは、当時では価値のあるものだったと思います。試合後、先輩方に日吉駅近くで祝勝会を開いて頂いたことは、忘れることができません。
(次ページに続く)

大学2年次 寮の前にて 部員6人からのスタート
(1人は一般部員のため)
平成8年(1996)
  出来事
  ○ 水俣病訴訟和解(16年ぶり)
  ○ 将棋の羽生が史上初の七冠
  ○ O−157食中毒事件発生
  ○ 携帯電話普及し始める
  ○ アトランタ五輪
レスリング日本期待の金ならず
  流行語
  ○ メークドラマ、援助交際
  映画
  ○ Shall We ダンス?
  流行歌
  ○ アジアの純真

明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
4月 第1回アジア女子選手権が中国で開催
5月 東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=日体大
明大=5位(1部B)
1・2部入替え戦
明大4-5国際武道大
オリンピック選手13人、リーグ戦11度優勝の明大も2部Aに転落
7月

〜8月
第26回オリンピックアトランタ大会が開幕
レスリング日本代表は霞ヶ浦高校(教)の大田拓弥が銅メダルを獲得。

8月

全日本学生選手権大会
(倉敷市営中央体育館)

9月

王座決定戦
優勝=日体大
明大=4位以下

11月 第22回内閣総理大臣杯全日本大学選手権大会が開催
優勝=日大
明大=4位以下
  第1回東京六大学チャンピオンシップ
(東京スポーツ会館)
優勝=法大
明大=4位
<優秀選手賞>
82kg級  森 陽保
12月 天皇杯全日本選手権大会が駒沢オリンピック総合公園体育館と代々木第2体育館で開催


大学2年次 第1回六大学チャンピオンシップ
スポーツ会館にて

 

カテゴリートップ
新生編
次
平成9年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.