明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
平成10年 長い目で見守っていただきたい「古豪復活」への道

3年間の主将経験から学んだこと・・・続き

 大学生活最後のリーグ戦では「Aリーグ昇格」、そして「古豪復活」という大きな目標こそ叶えられませんでしたが、練習もままならない部員5名の状態から始め、リーグ戦出場の危機を乗り越え、さまざまな問題に対応し、創意工夫しながら務めた主将としての3年間でありました。このような経緯から、明治大学に対する愛校心よりも、明治大学体育会レスリング部に育てられた愛部心の方が強いのです。この経験を生かせる職場に就き、後輩の指導をしていきたいと考えるようになり、今日に至っています。しかし、ただ単にレスリングだけを重視するのではなく、社会に通用する人間、そして文武両道を目指せる人間を育ててみたいと思っています。やはり、今も部員不足は続いていますが、部員一人一人が自覚を持ち、例年になく良い雰囲気の中で練習をしています。すぐに結果を出すことは難しいことですが、先輩方には「古豪復活」を長い目で見守っていただきたいと思っています。

最後になってしまいましたが、4年間を共に過ごした同期を紹介します。この同期がいなければ、明治大学体育会レスリング部での素晴らしい思い出はなかったと思います。

●黒沢宏明
主務で力を発揮した。彼のアイデアで部員の父母から水道・光熱費を集金し、余った金で家電装品等を買い揃え、寮の環境を素晴らしいものにしてくれた。
現在、地元群馬県に帰り小学校・中学校の非常勤講師。

●神村正俊
生活態度がいい加減で不潔。酒は強い。ある晩飲みすぎ、翌朝の練習で吐きながら走ったことは有名。
現在、地元群馬県に帰り、公務員を目指して勉強中。

●細越吉剛
□が悪く頑固であるが、思いやりがあり、神村の教育係であった。彼がセコンドにつくと声が入きいので、的確な指示がよく聞こえた。
現在、地元青森県に帰り、青森銀行に勤務。

●渡辺 健
一般部員として入部。第1回の六大学チャンピオンシップに出場し、初めての減量と試合に苦しみ、「次の試合、気持ち悪くて出たくない」この言葉は有名。また、大学4年時の新潟合宿中にもかかわらず、練習後、夜遅くまで食堂で宅建の勉強をしていたことも有名。その後、見事合格。
現在、住商フルーツ(株)に勤務。

<平成10年度 最上級生部員>
黒澤宏明(52kg級)
渡辺 健(52kg級)
神村正俊(57kg級)
細越吉剛(57kg級)
森 陽保(85kg級)

大学4年次 リーグ戦
 
大学4年次 リーグ戦
平成10年(1998)
  出来事
  ○ 長野冬季五輪開幕
日本選手団、金5個、銀1個、銅4個
史上最高の成績
  ○ 金融ビックバン
  ○ 明石海峡大橋開通
 

○ サッカーワールドカップで
日本3戦全敗

  ○ 和歌山カレー毒物混入事件
  流行語
  ○ バイアグラ、毒物混入
  映画
  ○ ライフ・イズ・ビューティフル
  流行歌
  ○ 誘惑

明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
5月 東日本学生リーグ戦 1部
(青山レスリング会館)
優勝=日体大
明大=2位(1部B)
8月

全日本学生選手権大会
(群馬アリーナ)

9月 フリースタイル世界選手権がイランのテヘランで開催
  グレコローマンスタイル世界選手権がスウェーデンのイエーヴレで開催

王座決定戦
優勝=日体大
明大=4位以下

10月 世界女子選手権大会開催
75kg級の浜口京子が優勝し、98年度の世界優秀選手に選出
  第3回東京六大学チャンピオンシップ
(東京スポーツ会館)
優勝=明大
<優秀選手賞>
74kg級  大原晴基
11月 第24回内閣総理大臣杯全日本大学選手権大会が開催
優勝=日大
明大=4位以下
12月 天皇杯全日本選手権大会が代々木第2体育館で開催
  第13回アジア大会がタイのバンコクで開催
 
大学4年次
リーグ戦Aリーグとの入替え戦
 
大学4年次
左から 黒澤、神村、細越(秋田 2年)
 
大学4年次 リーグ戦(駒沢体育館)
専修大学に勝利直後 

 

前
平成9年
カテゴリートップ
新生編
次
平成11年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.