明大レスリング部OB会より
現在の活動
過去
未来(高校生レスラー諸君へ)
コミュニティ
 
明大レスリング部のあゆみ
 
 
 
平成11年 一生涯の財産となるものを手に入れた4年間

「住めば都」とはよく言ったものです

平成12年卒
大原晴基


 創立70周年おめでとうございます。70年という長きにわたり、先輩方が築いて来られた伝統ある明治大学レスリング部の一員として、青春の1ページを描くことができたことを、大変光栄に思うと同時に、大きな誇りをもつことができました。

しかし、高校卒業後、すぐに秋田の片田舎から上京してきた時の第一印象は、決して良いものではありませんでした。初めて合宿所の姿を目にした時は、とんでもない所にきてしまったという後悔の念でいっぱいになったことを、今でもはっきりと思い出すことができます。合宿所の後方には鬱蒼と木々が生い茂り、部屋の中は昼でも太陽が顔を見せることはなく、一日中蛍光灯の下で生活しなければならない状態でした。壁や天井には長年の伝統が染み込み、所々ひび割れやしみが見られ、とても常人がまともに暮らせる生活環境には思えませんでした。

しかし、「住めば都」とはよく言ったもので、生活を続けていくうちに不思議と体が順応していき、これ以上快適な生活環境はないと思えるようになっていきました。太陽が差し込まない部屋も、昼寝をするのには最高の環境でしたし、何よりも先輩、同期、後輩と、数多くの仲間に恵まれることができました。このかけがえのない仲間達と過ごすことができた時間はとても充実し、私にとって生涯の財産となるものを手に入れることができました。

今後も、4年間ご指導してくださった監督、コーチ、先輩方への感謝の気持ちを忘れず、明大レスリング部の発展に少しでも寄与できるよう、頑張っていきたいと思います。



平成11年度 最上級生部員
吉田征樹(69kg級)
大原晴基(74kg級)

 
平成11年(1999)
  出来事
  ○ 消費税5%導入
  ○ 香港返還
  ○ 長野新幹線開業
  ○ サッカーワールドカップ初出場決定
  流行語
  ○ 経営破綻、たまごっち
  映画
  ○ もののけ姫、タイタニック
  流行歌
  ○ HOWEVER
明大レスリング部と日本レスリング界の出来事
5月 東日本学生リーグ戦 1部
(駒沢体育館)
優勝=日大
明大=5位(1部B)
8月 全日本学生選手権大会
(日体大健志台キャンパス)
9月

グレコローマンスタイル世界選手権がギリシアのアテネで開催

  王座決定戦
優勝=山梨学院大
明大=4位以下
10月

フリースタイル世界選手権がトルコのアンカラで開催

  五輪金メダル展が玉名市で開催。
レスリングで獲得した金メダル20個が展示
  第4回東京六大学チャンピオンシップ
(町田市総合体育館サブアリーナ)
優勝=明大
<優秀選手賞>
55kg級  秋山大亮
11月 第25回内閣総理大臣杯全日本大学選手権大会が開催
優勝=山梨学院大
明大=4位以下
12月 天皇杯全日本選手権大会が新座市民総合体育館で開催

平成11年度 東日本学生リーグ戦で活躍する山内(2年)

 

前
平成10年
カテゴリートップ
新生編
次
平成12年

本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部 All Right Reserved.     
Copyright © 2003-2017  明治大学体育会レスリング部OB会 All Right Reserved.